龍角散〈細粒〉の効能・用量・副作用など

龍角散〈細粒〉の基本情報

龍角散〈細粒〉

龍角散〈細粒〉

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 散剤
製造販売会社 龍角散
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

龍角散〈細粒〉の特徴

“微粉末龍角散””の効き目をそのままに,のみやすい細粒にしたノドの薬です。人間の気管の内面には,線毛細胞が一面にあり,その線毛は1分間に約1500回の速さで絶えず振動し,気道を通って入ってきたチリやホコリ,細菌などを気道内面から分泌された粘液と一緒に体外に排出しています。これが自浄作用です。
ノドの使いすぎやたばこの吸いすぎ,またカゼをひいたりすると,ノドが炎症を起して自浄作用がおとろえ,セキ・タン・ノドの痛み・ノドの不快感などに苦しむことになります。龍角散〈細粒〉は,生薬の有効成分サポニン配糖体が,気管内面からの粘液分泌を高め,線毛運動を活発にして,セキを鎮めタンを切り,ノドの不快な症状をやわらげます。

龍角散〈細粒〉の効能効果

せき,たん,のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感・のどの痛み・のどのはれ

龍角散〈細粒〉の用法用量

次の量を添付のサジ(1杯0.3g)で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1杯:3?6回
11歳以上15歳未満:2/3杯:3?6回
8歳以上11歳未満:1/2杯:3?6回
5歳以上8歳未満:1/3杯:3?6回
5歳未満:服用しないこと
●龍角散〈細粒〉は直接のどの粘膜に作用して,効果をあらわす薬です。
●必ず水なしで服用してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

龍角散〈細粒〉の成分分量

1.8g中
キキョウ 70mg
セネガ 3mg
キョウニン 5mg
カンゾウ 50mg
(添加物)
炭酸カルシウム,リン酸水素カルシウム,炭酸マグネシウム,安息香酸,香料

龍角散〈細粒〉の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
高熱
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
3.5?6日服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

龍角散〈細粒〉の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

龍角散〈細粒〉が気になる人向けのコラム

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む

肺がんの基礎知識 一次検診と二次検診の主な検査方法|危険因子

年齢別にみた肺がんの罹患率は、40歳代後半から増加し始め、高齢になるほど高くなります。その傾向は男性ほど顕著で、罹患率・死亡率ともに男性は女性の3倍から4倍となっています。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」に... 続きを読む

咳が治らない原因は「咳喘息」かも? 咳喘息の6つの症状とは

風邪は治ったはずなのに、咳(せき)がなかなか止まらず1カ月以上も続いている――こんな場合は「咳喘息(せきぜんそく)」という病気になっている疑いがあります。
咳喘息は、気管支の内側の粘膜に慢性的に炎症が起こっていて、ちょっとした刺激にも... 続きを読む

実は「うがい」は不要だった?【インフルエンザの予防法】最新情報

2011-2012年の冬シーズンから、国の公的機関におけるインフルエンザ予防法の中にあった「うがいの励行」が消えました。最近アップされた首相官邸のホームページにある「(季節性)インフルエンザ対策」にも、マスクや手洗いの励行はあっても、「... 続きを読む