大正ルゴール ピゴンの効能・用量・副作用など

大正ルゴール ピゴンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 健栄製薬
販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

大正ルゴール ピゴンの特徴

◆大正ルゴール ピゴンは,幼児にも使いやすい甘味のある液剤で,のど,口内の炎症に効果のある塗り薬です。
◆塗布により,のどに感染した病原菌を殺菌し,炎症を軽快させます。

大正ルゴール ピゴンの効能効果

扁桃腺炎・口内炎

大正ルゴール ピゴンの用法用量

適量をとり患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)塗布用にのみ使用し,内服しないでください。
(4)のどに塗る時,綿等に薬液をしみこませ過ぎないように注意してください。
(5)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い流し,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(6)薬液や薬液をしみこませた綿等を誤って飲み込んだ時は,直ちに医師の診療を受けてください。
(7)本剤の使用により,銀を含有する歯科材料(義歯等)が変色することがありますので注意してください。

大正ルゴール ピゴンの成分分量

100g中
ヨウ素 0.5g
ヨウ化カリウム 1g
濃グリセリン 45.5g
ハッカ油 0.02g
(添加物)

大正ルゴール ピゴンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
口中のひどいただれ
(6)次の診断を受けた人。
甲状腺機能障害
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
口:あれ,しみる,灼熱感,刺激感
消化器:吐き気
その他:不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
アナフィラキシー様症状:使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ等があらわれる。
3.使用中又は使用後に気管,食道,胃腸,皮膚,目,その他体の各部位に刺激感等の異常を感じた場合は,使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
4.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

大正ルゴール ピゴンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用中に薬液がこぼれ衣服等が着色したらすぐに水洗いしてください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
なお,使用期限内であっても,開封後はなるべくはやく使用してください。(品質保持のため)

大正ルゴール ピゴンが気になる人向けのコラム

体の中から痩せていく漢方薬ダイエット

漢方
人間一人ひとり個性があるように、個人個人の持つ体質もそれぞれ異なっています。
ストレス太りをしやすいタイプ、血行が悪くなりがちなタイプ、といろいろな体質の方がいる中で、それぞれ異なったケアを行うことができるのが漢方薬ダイエットで... 続きを読む

砂糖の摂りすぎが健康を害する、砂糖依存に注意! 5つの脱砂糖テク

甘くて美味しい砂糖が実は、とても依存性が高いと言われていることをご存知ですか? 砂糖依存になるとどんな影響が体にあるのか、また砂糖依存になる人が多いアメリカで開発された、無理なく砂糖から卒業できる5つの方法をご紹介します! 砂糖は快楽... 続きを読む

子どもが急性中耳炎になりやすい理由とは-症状や治療法について

3月3日は「耳の日」でした。耳の健康への関心を高めるために、半世紀以上も前に制定されたものです。ところで、耳の健康を損なう病気で、いちばんポピュラーなのは「中耳炎」でしょう。中でもその割合が高い急性中耳炎は、乳幼児から小学校低学年くらいの... 続きを読む

クラミジア感染症は放置すると不妊の原因にもなる? 性感染症の予防法

性器クラミジア感染症(以下、クラミジア感染症)は、クラミジア・トラコマチスという病原体が原因でおこる性感染症(主に性的接触によって感染する病気)の一つです。世界中で蔓延しているといわれ、日本では最も患者数の多い性感染症です。10代後半から... 続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む