フステンゴールドせきどめ液の効能・用量・副作用など

フステンゴールドせきどめ液の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 液剤
製造販売会社 日本薬品
医薬品区分 一般用医薬品

フステンゴールドせきどめ液の効能効果

せき、たん

フステンゴールドせきどめ液の用法用量

1回量成人(15歳以上)10mL、11歳以上15歳未満6mL、8歳以上11歳未満5mL、5歳以上8歳未満3mL、1歳以上5歳未満2mLを1日3回食後なるべく30分以内に服用し、必要に応じて就寝前にも服用する。場合によっては1日6回まで服用しても差し支えませんが、この場合には服用間隔は4時間以上おいて下さい。
(用法関連注意)

フステンゴールドせきどめ液の成分分量

60mL中
リン酸ジヒドロコデイン 30mg
dl-塩酸メチルエフェドリン 75mg
マレイン酸クロルフェニラミン 12mg
グアヤコールスルホン酸カリウム 240mg
無水カフェイン 150mg
塩化リゾチーム 60mg (力価)
(添加物)
D-ソルビトール、白糖、塩化ナトリウム、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピレングリコール、香料

フステンゴールドせきどめ液に効果効能が似た薬

フステンゴールドせきどめ液が気になる人向けのコラム

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など

肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗... 続きを読む

COPD

まずは次のチェックをしてみてください。 (1)かぜでもないのにせきが出る (2)かぜでもないのにたんが出る (3)同年代に比べて息切れし易い (4)40歳以上である (5)現在タバコを吸っている、以前吸っていた 思い当たることが1つでもあっ... 続きを読む

喫煙者の発症率は2倍!せき・たん・息切れはCOPDかも

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、かつて「肺気腫」、「慢性気管支炎」と呼ばれた病態を合わせた病気。最大の原因は喫煙であることから肺の生活習慣病といわれ、たばこの煙や微小な粒子による気管支や肺の慢性的な炎症によって、徐々に肺の破壊が進行し、命... 続きを読む

「お香」で心も体もリラックス-日本のお香が体にいい理由

白檀(びゃくだん)のお線香のにおいや新しい畳のにおいをかいだとき、小さいころ行った田舎のおばあちゃんの家を思い出したり、香水のにおいから大好きだった人のことを思い出したり、香りによって懐かしいできごとや人の記憶がよみがえることはありません... 続きを読む