アーチスキンの効能・用量・副作用など

アーチスキンの基本情報

アーチスキン

アーチスキン

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤
製造販売会社 大正製薬
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

アーチスキンの特徴

◆アーチスキンは,手軽で便利な液体の絆創膏です。
◆患部にぬるとすぐに殺菌性の透明な被膜をつくり,傷口をホコリやバイキンから守ります。
◆炊事や洗濯などの水仕事,入浴,海水浴などでもはがれにくく,傷を保護します。

アーチスキンの効能効果

切傷,すり傷,さし傷,かき傷,靴ずれ,創傷面の消毒・保護(被覆)

アーチスキンの用法用量

傷面の水分や付着物をよくふきとり,適量を患部に塗布し乾燥させてください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
※一瞬しみることがありますが,すみやかに被膜をつくり,傷を守ります。
※傷面が広い場合には,傷口に少量の脱脂綿かガーゼを当ててその上から薬液をぬれば痛みも少なく安定して効果的です。
※患部の被膜を急いで取りのぞきたい場合は,アーチスキンを被膜の上にぬり,ゆっくり溶かしながら紙か布でふきとってください。

アーチスキンの成分分量

100g中
トリクロロカルバニリド 0.1g
(添加物)
セルロイド,ミリスチン酸イソプロピル,エタノール,酢酸エチル

アーチスキンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
ただれ,化膿している患部。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(2)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)使用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)本剤を使用しても症状の改善がみられない場合。

アーチスキンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)火気に近づけないでください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,なるべくはやく使用してください。(品質保持のため)

アーチスキンが気になる人向けのコラム

すりごまふりかけダイエットとは

すりごまふりかけ
すりごまふりかけダイエットとは、ごはんの上に、すったごまをふりかけて食べるダイエットです。スプーン1杯のすりごまをごはんにかけるだけなので楽ちんなダイエットです。楽なだけではなく、ごまは抗酸化成分が豊富で健康食品として... 続きを読む

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む

こころの傷の癒し方-トラウマに向き合いながら克服する方法

「こころのケア」という言葉を耳にすることが多くなりました。「トラウマ」という言葉が日常的に使われるようになりつつあることからも、人々のこころの傷への関心の高さがうかがわれます。 大規模な災害や事故に遭った場合はもちろん、日常生活の中でもこ... 続きを読む

【医師が回答!】皮がめくれるほどの手荒れ。どうすればいい?

私は二年前から手荒れに悩んでいます。皮膚科では、「スポンジに洗剤を付けて水を足して洗うと荒れちゃうからね」と言われました。飲食店で手が荒れていると不衛生ですよね・・・。パックりと皮がめくれています。 (質問者
aiai_5858さん) ... 続きを読む

足の爪を健康で美しく保つ-感染の予防と良い爪を育てる決め手

前回の「フットケア4
足爪の変形や変色」では、足爪の機能(役割)とそれに基づく足爪の切り方について説明しました。今回はそのほかの足爪ケアについて説明します。日本には四季があり、季節の移り変わりを感じることができる反面、梅雨や夏場のじめじめ... 続きを読む