太田漢方胃腸薬II〈錠剤〉の効能・用量・副作用など

太田漢方胃腸薬II〈錠剤〉の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 安中散
形状 錠剤
製造販売会社 太田胃散
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 安中散   

太田漢方胃腸薬II〈錠剤〉の特徴

太田漢方胃腸薬II<錠剤>は、ストレスなどの原因により自律神経が乱れることによって起こる、神経性胃炎や慢性胃炎を改善する胃腸薬で、ストレスの多い現代社会に適しております。漢方処方の安中散にブクリョウ(茯苓)※を加えることによって、効きめを強化しました。また、胃アトニー(胃の機能低下)にもすぐれた効果をあらわします。小粒でのみやすい錠剤です。
※ブクリョウ(茯苓):サルノコシカケ科に属し、主として松の根に発生する菌体です。

太田漢方胃腸薬II〈錠剤〉の効能効果

体力中等度以下で、腹部は力がなくて、神経過敏で胃痛又は腹痛があって、ときに胸やけや、げっぷ、胃もたれ、食欲不振、吐き気、嘔吐などを伴うものの次の諸症:神経性胃炎、慢性胃炎、胃腸虚弱

太田漢方胃腸薬II〈錠剤〉の用法用量

次の量を食間(就寝前を含む)又は空腹時に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):3錠:3回
7?14歳:2錠:3回
7歳未満:服用しないこと
※食間とは食後2?3時間のことをいいます。
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

太田漢方胃腸薬II〈錠剤〉の成分分量

9錠中
安中散加茯苓末 2100mg (ブクリョウ500mg、ケイヒ・エンゴサク・ボレイ各300mg、ウイキョウ・シュクシャ・カンゾウ各200mg、リョウキョウ100mg)
安中散料加茯苓エキス 270mg (ブクリョウ810mg、ケイヒ・エンゴサク・ボレイ各486mg、ウイキョウ・シュクシャ・カンゾウ各324mg、リョウキョウ162mg)
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロタルサイト、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、ステアリン酸マグネシウム、セルロース

太田漢方胃腸薬II〈錠剤〉の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状がある場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

太田漢方胃腸薬II〈錠剤〉の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

太田漢方胃腸薬II〈錠剤〉に効果効能が似た薬

太田漢方胃腸薬II〈錠剤〉が気になる人向けのコラム

卵巣が若いと妊娠率UP? 卵巣年齢のセルフチェックで確かめよう

卵子を作る元となる細胞がある卵巣は、妊娠の確率を上げるための重要な臓器のひとつです。卵巣は、生活習慣により実際の年齢よりも老けたり、若くなったりすることも。セルフチェックで確かめてみましょう。 卵子の数はどんどん減り続ける! 加齢とと... 続きを読む

悪性のめまいを見分ける方法とその予防法

脳の血行不良からめまいが起こる
耳石器や三半規管が原因の耳からくるめまいでなく、脳の血流が悪くなり血管がつまり、めまいを起こします。耳は脳幹や小脳から情報を受け取る命令を出しています。脳に影響が出て耳が情報を受け取るバランスが保てなくな... 続きを読む

フラバンジェノール

非常に高い抗酸化力を持つ成分「フラバンジェノール」。アンチエイジングに効果があり、化粧品やサプリメントに配合され人気になっています。皮膚に 塗ると血流を促進する作用も発見され、冷えが気になる季節の強い味方に。
フラバンジェノールは、フラ... 続きを読む

酵素の力で痩せる!パイナップルダイエット

パイナップル
南国果実の代表甘酸っぱいパイナップルが大好きな人は多いと思います。
そんなパイナップルを食べるだけでダイエットを行うのがパイナップルダイエットです。
方法は簡単で、朝食をパイナップルのみに変えるだけです。
昼食やおや... 続きを読む

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む