アリナミンAの効能・用量・副作用など

アリナミンAの基本情報

アリナミンA

アリナミンA

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB1主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 武田薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

アリナミンAの特徴

●アリナミンAは,「タケダ」が開発したビタミンB1誘導体フルスルチアミンを配合し,毎日の生活の中で感じる,カラダが「だるい」「重い」といった疲れにすぐれた効果をあらわします。
●補酵素(コエンザイムA)となってエネルギーの産生に重要な働きをするパントテン酸カルシウムとフルスルチアミン,ビタミンB2,ビタミンB6を配合し,三大栄養素(脂質,タンパク質,糖質)を効率よくエネルギーに変える助けをするので,疲れたカラダにすぐれた効果をあらわします。
●服用しやすい黄色の糖衣錠です。

アリナミンAの効能効果

次の場合のビタミンB1の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時。
次の諸症状※の緩和:筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),神経痛,手足のしびれ,便秘,眼精疲労。
脚気※

アリナミンAの用法用量

次の量を,食後すぐに水またはお湯で,かまずに服用すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:1?3錠:1回
11歳?14歳:1?2錠:1回
7歳?10歳:1錠:1回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。

アリナミンAの成分分量

3錠中
フルスルチアミン 100mg (フルスルチアミン塩酸塩109.16mg)
ピリドキシン塩酸塩 20mg
シアノコバラミン 60μg
リボフラビン 12mg
パントテン酸カルシウム 15mg
(添加物)
乳酸カルシウム水和物,部分アルファー化デンプン,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),セルロース,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,エリスリトール,酸化チタン,アラビアゴム,炭酸カルシウム,タルク,白糖

アリナミンAの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,口内炎
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
軟便,下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

アリナミンAの保管上の注意

■ビン入り品,分包品について
(1)小児の手の届かない所に保管すること。
(2)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
■ビン入り品について
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓し,箱に入れて保管すること。
(2)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(3)ビンの中の詰め物は,フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。
(4)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
(5)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入すること。
(6)一度開封した後は,品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。
■分包品について
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)1包を分割して服用した残りは,袋の口を折り返して保管し,4日以内に服用すること。

アリナミンAが気になる人向けのコラム

20代でも発症!若年化が進む白内障

白内障の症状と治療
水晶体はカメラに例えると、レンズの役割をしています。白内障は、水晶体が白濁し目にさまざまな異変が現れる病気です。


水晶体に白濁が生じると、かすんだり、二重三重に見えたり、まぶしくなります。もっと白濁が強くな... 続きを読む

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

若年層も四十肩・五十肩に利く治療方法をご紹介

四十肩・五十肩とは

50歳前後の人によく起こる、肩や腕の凝りや痛み。五十腕。
ごじゅうかた【五十肩】の意味 - 国語辞書 - goo辞書


医学的には「肩関節周囲炎」といって、肩関節周囲の組織が傷ついて炎症がおこり、痛みや... 続きを読む

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む

糖質

糖質は人の体にとって重要なエネルギー源。タンパク質、脂質と並ぶ三大栄養素の一つである、炭水化物の主成分です。
糖と言えば「甘いもの」と思いがちですが、穀類やイモ類、果物などに多く含まれています。 「糖質は、同じように体のエネルギー源とな... 続きを読む