ゼネルミン軟カプセルの効能・用量・副作用など

ゼネルミン軟カプセルの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 カプセル剤
製造販売会社 ゼネル薬工伊都
販売会社 ゼネル薬品工業
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

ゼネルミン軟カプセルの特徴

3つの有効成分に賦形剤としてゴマ油を配合しました
オキソアミヂン・ビタミンB1・ビタミンE
滋養強壮・肉体疲労

ゼネルミン軟カプセルの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病後の体力低下・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

ゼネルミン軟カプセルの用法用量

次の量を1日2回朝晩服用して下さい。
[年齢:1回量]
成人(15歳以上):1カプセル
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
*用法・用量をお守り下さい。(他のビタミン等を含有する製剤を同時に使用する場合には過剰摂取等に注意して下さい。)
*カプセルの取り出し方
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用して下さい。(誤ってそのまま飲みこんだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

ゼネルミン軟カプセルの成分分量

2カプセル中
オキソアミヂン末 200mg
トコフェロール酢酸エステル 10mg
チアミン硝化物 8mg
(添加物)
サラシミツロウ,ゴマ油,ゼラチン,グリセリン,D-ソルビトール,パラベン,酸化チタン,ポリソルベート80,赤色102号,黄色5号,青色1号

ゼネルミン軟カプセルの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の場合は直ちに服用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合

ゼネルミン軟カプセルの保管上の注意

(1)服用に際しては,外箱の説明文をよく読んで下さい。
(2)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(3)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(4)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(5)使用期限の過ぎた製品は服用しないで下さい。

ゼネルミン軟カプセルが気になる人向けのコラム

セサミオイル

今、モデルや芸能人がこぞって雑誌やテレビで紹介しているのが“セサミオイル”。肌、髪など、全身に使える美容効果の高いオイルです。“セサミオイル”とは、つまりゴマ油ですが、スーパーで売っている茶色いゴマ油とは似て非なるもの。 「 中華料理に使う... 続きを読む

ココナッツオイルでお手軽ダイエット

ココナッツオイル
ココナッツオイルは中鎖脂肪酸に分類されます。
中鎖脂肪酸は、肝臓において素早く吸収・分解されることが特徴です。つまり、中鎖脂肪酸を含むココナッツオイルは摂取後、肝臓に運ばれてすぐにエネルギーに変わるので、他の食用油に... 続きを読む

茄子酢料理でおいしくダイエット

茄子酢
ダイエットというと、何を食べればよいか迷ってしまう事が多いですよね。そんな時に最適な物が、「ナスの薬味黒酢ソース」です。
作り方は
①ナスの表面に全体に薄くサラダ油をぬる。
②耐熱皿に並べて、ラップをしてレンジで6分温める... 続きを読む

アンチエイジングに効果的なサプリ【目的別サプリえらび】

あなたが毎日飲んでいるそのサプリ、ホントに効いてますか? 「サプリメントの効用をうたい、根づかせた人間として、今のブームに責任を感じます」と反省の弁を述べるのは、神戸大学で栄養化学を教える金沢和樹先生。30年も前に食べ物の「発がん抑制... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む