ワンポラックおんの効能・用量・副作用など

ワンポラックおんの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 散剤
製造販売会社 フィブロ製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ワンポラックおんの特徴

「快食・快便・快眠」は健康の三原則といわれております。
便秘になると肌あれ,吹出物等の原因となるばかりでなく,食欲不振,頭重など全身的に不快な症状を伴いがちです。
ワンポラックおんは,センナ実末にショウキョウ末,ニンジン末を配合し,おだやかに排便を促します。

ワンポラックおんの効能効果

便秘
便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常醗酵,痔

ワンポラックおんの用法用量

次の量を1日2回朝夕の空腹時に水又はお湯と一緒に服用してください。ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください。
・大人(15歳以上)1回 1/2?1包
(用法関連注意)
定められた用法,用量を厳守してください。

ワンポラックおんの成分分量

1日量4.0g(2包)中
センナ実末 1.5g
ショウキョウ末 0.3g
ニンジン末 0.2g
(添加物)
アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物),粉糖,果糖,クエン酸,デキストリン,香料

ワンポラックおんの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
3.大量に服用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ワンポラックおんの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
4.1包を分割して服用した後,残りを保管し,続けて服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
5.生薬を原料として製造していますので製品の色や味等に多少の差異が生じることがあります。

ワンポラックおんに効果効能が似た薬

ワンポラックおんが気になる人向けのコラム

不整脈ってなに? 自覚症状はある? 不整脈があるとどうなるの?

心臓の脈の打ち方が乱れる不整脈。自分では自覚症状がないのに、人間ドッグで指摘されて初めて気づく人も多いのが現状です。治療が不要なものから、手術が必要なものまであるので、正しい知識を身につけて対処しましょう。 脈の動きがバラつくことで症... 続きを読む

粉ミルクで腸内環境改善ダイエット!

粉ミルク
赤ちゃんが飲む物である粉ミルクには、大人が飲んでも有効な栄養素がたくさん含まれている事で知られています。

粉ミルクには人間の腸内のビフィズス菌を増やして悪玉菌を抑制する作用があり、腸内環境を正常に近づけてくれる効果を期待... 続きを読む

ココアダイエットで便秘を解消!

ココア
ダイエットというと、極端な食事制限や絶食をしたり、きつい運動を無理に行って痩せようとする人が時折見受けられます。

しかしこれらの極端な食事制限やきつい運動を行うダイエットは身体に多大な負担を与えるばかりではなく、胃腸の調子... 続きを読む

ヤーコンを食べて腸内すっきりダイエット!

ヤーコン
ダイエットに欠かせない要素として腸内環境をととのえる事、が挙げられます。

腸内環境をととのえる事で便秘などを防いで代謝を良くし、代謝が上がる事で脂肪が燃焼しやすくなる身体を作る事が出来ます。

中南米に位置しているア... 続きを読む

若い女性に急増する摂食障害は心の病気-過食と嘔吐を繰り返す理由

摂食障害は先進国に多くみられ、日本でも若い女性に急増して大きな問題となっています。主に思春期から20代の女性にみられますが、最近は男性にも増えています。
摂食障害には主に拒食症(神経性食欲不振症)と過食症(神経性大食症)とがあります。拒... 続きを読む