キナゲントローチの効能・用量・副作用など

キナゲントローチの基本情報

キナゲントローチ

キナゲントローチ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 錠剤
製造販売会社 日新薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

キナゲントローチの特徴

キナゲントローチは,塩化セチルピリジニウム,塩化リゾチーム,キキョウエキスを配合したトローチ剤で,口の中でなめらかに溶け,のどの痛み・はれ・声がれ,口腔内の殺菌・消毒及び口臭の除去など,のどの不快な症状に優れた効果をあらわします。

キナゲントローチの効能効果

口腔内の殺菌・消毒,口臭の除去。
のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感・のどの痛み・のどのはれ

キナゲントローチの用法用量

次の1回量を,口中に含み,かまずにゆっくり溶かしてください。
[年齢:1回量:1日使用量:使用間隔]
5歳以上:1錠:6回:2時間以上
5歳未満の乳幼児:使用しないでください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)本剤はトローチ剤ですので,かみ砕いたり,のみ込んだりしないでください。
(4)本剤は5歳未満の乳幼児には,使用させないでください。
(5)トローチ剤の取り出し方
トローチ剤の入っているPTPシート凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してください。(誤ってそのままのみ込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)

キナゲントローチの成分分量

6個中
塩化セチルピリジニウム 6mg
塩化リゾチーム 36mg(力価)
キキョウエキス 150mg (桔梗600mg)
(添加物)
精製白糖,粉末還元麦芽糖水アメ,ゼラチン,マクロゴール6000,黄色5号,ポビドン,ステアリン酸カルシウム,香料

キナゲントローチの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は使用しないでください。
本剤又は本剤の成分,鶏卵によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに, 皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)
中毒性表皮壊死融解症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
3. 5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

キナゲントローチの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)本剤は吸湿性をもっています。アルミ袋を開封し,日数を経ると湿気の多いときは,変色することがあります。ご使用の残りは,特に湿気に注意し,変色したものは,使用しないでください。
(5)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。

キナゲントローチが気になる人向けのコラム

口臭を引き起こす「ドライマウス」てどんな病気?

ドライマウスとは

唾液(だえき)分泌量が低下して唾液の質に異常を来し、のどが渇いたり口のなかが乾燥し、痛みや不快感が生じます。
口腔乾燥症(ドライマウス) - goo ヘルスケア


クッキーやクラッカーなど水分の少ない食品... 続きを読む

気になる口臭の原因と対処法-ひどい口臭には意外な病気が

きちんと歯を磨いたはずなのに、口臭が気になることはありませんか?
多少の口臭は誰にでもあるのが普通ですが、さまざまな原因によってにおいは強くなります。
口臭の原因はいろいろありますが、一番多いのは口の中の細菌によるもの。口の中には、新... 続きを読む

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

喉頭がんの基礎知識 病気の特徴とがんが発生する3つの部位|検査方法

「喉頭」とは、舌のつけ根(舌根)から気管までをつなぐ部位をいいます。
喉頭は、「声を出す(発声機能)」、「空気の通り道(気道)を確保する」、「食べ物を気管に通さないようにする(誤嚥防止)」という大変重要な役割をしています。
国立がん... 続きを読む

口臭や感染症リスクがあるドライマウスの原因と対策

ドライマウスとはどんな疾患

口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう、英: Xerostomia)は、種々の原因によって唾液の分泌量が低下し口腔内が乾く、歯科疾患の一つ。ドライマウスとも呼ばれる。現在では自覚症状として口腔乾燥を訴えるすべ... 続きを読む