マルチビタミンゴールドEXの効能・用量・副作用など

マルチビタミンゴールドEXの基本情報

マルチビタミンゴールドEX

マルチビタミンゴールドEX

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 エスエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

マルチビタミンゴールドEXの特徴

■“インナーバランスサポート””のマルチビタミン&ミネラル
○若い女性を中心とした野菜不足を考慮したインナーバランスサポート
日本人は,若い女性を中心にすべての世代において野菜の摂取量が不足しがちです。普段から野菜をしっかりと摂取するとことが大切ですが,ちょっと体が疲れぎみ,食欲がない,栄養不足が気になるといったときは,インナーバランス(栄養のバランス)を考え,マルチビタミン&ミネラルをしっかり配合されたマルチビタミンゴールドEXが有効です。
○体が必要としているときだからこそ,しっかり配合された栄養成分
私たちは,疲れた時,妊娠・授乳期,発育期,病中病後などは,ビタミン&ミネラルなどの栄養成分が普段より多く必要となります。マルチビタミンゴールドEXは,そんな時のインナーバランスを考えて妊娠・授乳期には特に必要となる葉酸をはじめマルチビタミン&ミネラルをしっかり配合しています。

マルチビタミンゴールドEXの効能効果

成人(15才以上)の場合:肉体疲労・食欲不振・病中病後・発熱性消耗性疾患・栄養障害・妊娠授乳期などの場合の栄養補給,滋養強壮,虚弱体質。
小児(7才?14才)の場合:小児の発育期・偏食児・食欲不振・病中病後・発熱性消耗性疾患・栄養障害などの場合の栄養補給,滋養強壮,虚弱体質

マルチビタミンゴールドEXの用法用量

次の1回量を1日1回服用します。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):2錠
7才?14才:1錠
7才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)服用の前後30分は,お茶・コーヒー等を飲まないでください。(鉄分の吸収が悪くなることがあります。)

マルチビタミンゴールドEXの成分分量

2錠(成人1日量)中
レチノール油 1.975mg (レチノールとして 2000 I.U.)
ビスベンチアミン 25mg
リボフラビン 6mg
ピリドキシン塩酸塩 25mg
シアノコバラミン 60μg
ニコチン酸アミド 50mg
葉酸 400μg
アスコルビン酸 150mg
コレカルシフェロール 5μg (ビタミンDとして 200 I.U.)
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム 10.36mg
ビオチン 60μg
沈降炭酸カルシウム 86.4mg
無水リン酸水素カルシウム 85mg
炭酸マグネシウム 120.2mg
フマル酸第一鉄 30mg
(添加物)
クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),二酸化ケイ素,無水ケイ酸,ゼラチン,セルロース,白糖,ヒドロキシプロピルセルロース,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),D-マンニトール,カルナウバロウ,ショ糖脂肪酸エステル,タルク,酸化チタン,部分アルファー化デンプン,プルラン,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,ラウリン酸ソルビタン,トコフェロール

マルチビタミンゴールドEXの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠3ヵ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人。〔妊娠3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間にビタミンAを1日10,000I.U.(国際単位)以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告があります。〕
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合。
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
下痢

マルチビタミンゴールドEXの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にビンのフタをよくしめて保管してください。
(2)小児にの手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)本剤をぬれた手で扱わないでください。ぬれた手で扱うと,糖衣にムラができたり,変色したりすることがあります。
(5)ビンの中のつめ物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いてください。
(6)使用期限をすぎたものは服用しないでください。

マルチビタミンゴールドEXが気になる人向けのコラム

マルチミネラル

狭義には「多くの」「複数の」ミネラルということですが、栄養学的にはビタミンと一括りで考えたほうが実際的です。
というのも、ミネラルはカロリー、つまりタンパク質・炭水化物(糖質)・脂質の三大栄養素が体内で十分に働くために、ビタミンと共に必... 続きを読む

【医師が教える】キレイと若さのために「女性がとりたいベースサプリ」

食品の栄養成分をまとめた「日本食品標準成分表」(食品成分表)が昨年末、15年ぶりに改訂され、干しひじきの鉄分含有量が大幅に減ったことが話題になりました。 「ひじきの豊富な鉄分の所以は、昔は鉄鍋でひじきを炊いていたからということが分かりま... 続きを読む

1日に摂るべきは野菜350g-野菜不足を解消する上手な摂り方

「野菜不足」は、現代人の多くが気にしていることかもしれません。便秘や肌荒れなどの体調不良や生活習慣病を防いで健康を保つには、野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維などが必要不可欠です。でも、ふだんから朝食を抜いたり、昼食をカップめんで... 続きを読む

サプリで摂りたいビタミン・ミネラル【目的別サプリえらび】

あなたが毎日飲んでいるそのサプリ、ホントに効いてますか? 「サプリメントの効用をうたい、根づかせた人間として、今のブームに責任を感じます」と反省の弁を述べるのは、神戸大学で栄養化学を教える金沢和樹先生。30年も前に食べ物の「発がん抑制... 続きを読む

野菜や果物の栄養素フィトケミカル-1日どれぐらい食べるといい?

「野菜は体によい」ことは誰でも知っているでしょう。その理由は、野菜を食べればビタミンやミネラル、食物繊維がとれるからだということも、すっかり定着しています。ビタミンやミネラルは、炭水化物、たんぱく質、脂質とともに五大栄養素といわれ、食物繊... 続きを読む