ホノミホイオー錠の効能・用量・副作用など

ホノミホイオー錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 補中益気湯
形状 錠剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 補中益気湯   

ホノミホイオー錠の特徴

◆ホノミホイオー錠は弁惑論という書物に書かれている処方を基本にした漢方薬の錠剤です。

ホノミホイオー錠の効能効果

体力虚弱で、元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振、ねあせ、感冒

ホノミホイオー錠の用法用量

次の量を食間に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「食間」とは食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人:6錠:3回
7歳以上15歳未満:4錠:3回
5歳以上7歳未満:3錠:3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

ホノミホイオー錠の成分分量

18錠(3.6g)中
補中益気湯エキス(1/2量) 1.700g (オウギ2.00g・カンゾウ0.75g・サイコ0.50g・ショウキョウ0.25g・ショウマ0.25g・タイソウ1.00g・チンピ1.00g・トウキ1.50g・ニンジン2.00g・ビャクジュツ2.00g)
(添加物)
カルメロースカルシウム、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

ホノミホイオー錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位(感冒に服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ホノミホイオー錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

ホノミホイオー錠に関連する病気・症状

ホノミホイオー錠が気になる人向けのコラム

脳と身体のつながりの不思議-右脳と左脳のはたらきの違い

左の大脳が損傷したら右の手足に麻痺が出るのはなぜ?
脳のはたらきにまつわる疑問について解説 脳と身体は「さかさま」につながっている? 人間の脳の機能は、ケガや脳卒中などによって脳の一部に障害を受けた患者さんの症状を細かく調べること... 続きを読む

胃腸をストレスから守る-スローテンポの音楽が自律神経を整える

「胃が痛くなる」とか「断腸の思い」といった言葉もあるように、昔から、ストレスは胃腸の調子を左右すると考えられてきました。それを裏づけるように、テスト前に胃がキリキリ痛んだり、仕事の納期が近づくとおなかの調子が悪くなったり食欲が低下するとい... 続きを読む

聴診器でいったい何がわかるの? 音の違いで異常を聞き分ける

聴診器で医師が聴いている音で心臓の異常がここまでわかる! ドクターといえば聴診器を当てているイメージ。聴診器で聴いている心音などによってわかる異常を解説します。 聴診器ができる前は直接胸に耳を当てて聴いていた 聴診器を使った診察(聴... 続きを読む

噛みしめ呑気症候群とは-お腹の張りや頭痛、肩こりの原因は同じ?

ガスでおなかが張る、ゲップがよく出るなどということはありませんか?
それでは、頭痛や肩・首のこり、あごの痛みはどうですか?
これら関連がなさそうないくつかの症状が、実は同じ根っこから発生しているかもしれないのです。それは「噛(か)みしめ呑... 続きを読む

お酢のダイエット効果-冷え性・便秘・高血圧に-上手な使分け方

疲れがたまっていたり、夏の暑さで食欲が低下すると酸っぱいものが食べたくなる…そんな方も多いのではないでしょうか。これは、無意識のうちに、体が酢のパワーを求めているとも考えられます。酢の主な成分は酢酸やアミノ酸。その中でも、最も大きなはたら... 続きを読む