フラーリンA粒の効能・用量・副作用など

フラーリンA粒の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 胃苓湯
形状 散剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 胃苓湯   

フラーリンA粒の特徴

◆フラーリンA粒は、万病回春という書物に書かれている処方を基本にした漢方薬の顆粒剤です。体力中等度で、水様性の下痢・嘔吐・口渇・尿量減少を伴う方の、食あたり・冷え腹・腹痛などの症状を改善します。

フラーリンA粒の効能効果

体力中等度で、水様性の下痢、嘔吐があり、口渇、尿量減少を伴うものの次の諸症:食あたり、暑気あたり、冷え腹、急性胃腸炎、腹痛

フラーリンA粒の用法用量

次の量を食後に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
[年齢:1回量(容器入りの場合):1回量(分包品の場合):1日服用回数]
成人(15歳以上):1.5g(添付のサジ1杯):1包:3回
15歳未満7歳以上:成人の2/3の量(1.0g):2/3包:3回
7歳未満4歳以上:成人の1/2の量(0.75g):1/2包:3回
4歳未満2歳以上:成人の1/3の量(0.5g):1/3包:3回
2歳未満:成人の1/4の量(0.375g):1/4包:3回
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させること。
(4)生後3ヵ月未満の乳児には服用させないこと。

フラーリンA粒の成分分量

4.5g又は3包中
胃苓湯エキス 0.608g (カンゾウ0.30g・ケイヒ0.60g・コウボク0.75g・ショウキョウ0.45g・ソウジュツ0.75g・タイソウ0.45g・タクシャ0.75g・チョレイ0.75g・チンピ0.75g・ビャクジュツ0.75g・ブクリョウ0.75g)
カンゾウ末 0.051g
ケイヒ末 0.102g
コウボク末 0.128g
ショウキョウ末 0.077g
ソウジュツ末 0.128g
タイソウ末 0.077g
タクシャ末 0.128g
チョレイ末 0.128g
チンピ末 0.128g
ビャクジュツ末 0.128g
ブクリョウ末 0.128g
(添加物)
カルメロースカルシウム、軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、デキストリン

フラーリンA粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.1ヵ月位(急性胃腸炎に服用する場合には5?6回、食あたり、暑気あたりに服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

フラーリンA粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

フラーリンA粒が気になる人向けのコラム

一度空気に触れたらキケン!ペットボトルの水はその日のうちに飲みきること

イマドキの飲み水といえばミネラルウォーターが一般的で、外出先ではペットボトルの水を買うこともありますよね。特に夏場は熱中症対策のためにも、ペットボトルを携帯してこまめに水分補給することが大切です。 しかし、外出先で飲みきれなかった水の... 続きを読む

腹八分目で抑える、腹八ダイエット

腹八
食事を摂るときに、腹八分目にすると、健康にも、経済的にもいいというのは、昔から言われていることです。しかし、実際にどれだけの効果があるのか、はっきり知っている人はいるのでしょうか?実は結構大きな効果があるんです。
腹八分目にする... 続きを読む

口の中でとろける!霜降り和牛のおいしさの秘密とは?

値段が高く、高級なイメージのある霜降り和牛。めったに食べられないけれど、あのとろける味が忘れられないという人も多いはず。なぜあんなにおいしいのでしょう。肉のおいしさを研究する日本獣医生命科学大学の松石昌典教授にうかがいました。 脂肪が... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

美肌やデトックスのために水は1日1.5ℓ必要 水の種類が美容を左右する?

美容・健康にも不可欠な水は選び方が大切です。1日1.5リットルは飲み物として摂ることが必要な水はからだへの影響が大きいです。水を選ぶ際のポイントなどをご紹介します。 老化とは水を失って枯れること 食事を摂らなくても数週間は生きられますが... 続きを読む