アポスティークリームの効能・用量・副作用など

アポスティークリームの基本情報

アポスティークリーム

アポスティークリーム

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 化膿性疾患用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アポスティークリームの特徴

○「アポスティークリーム」は,アクネ菌による面皰(めんぽう:コメド)の成長を抑え,にきびの炎症をしずめるイブプロフェンピコノール配合のにきび・吹き出物治療薬です。
○肌にやさしい基剤で,やわらかくてのびやすいクリームです。
○湿潤剤としてヒアルロン酸ナトリウムおよび濃グリセリンを配合。しっとりとした使用感です。

アポスティークリームの効能効果

にきび,吹出物

アポスティークリームの用法用量

1日数回,石けんなどで洗顔後,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
(3)本剤はにきびのある部分にのみ使用し,周辺の広い部分には使用しないでください。
(4)本剤は外用にのみ使用してください。

アポスティークリームの成分分量

100g中
イブプロフェンピコノール 3g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
トコフェロール酢酸エステル 0.5g
(添加物)
エタノール,流動パラフィン,カルボキシビニルポリマー,中鎖脂肪酸トリグリセリド,トリエタノールアミン,ベへニルアルコール,濃グリセリン,1,3-ブチレングリコール,ヒアルロン酸ナトリウム,水素添加大豆リン脂質,パラオキシ安息香酸メチル

アポスティークリームの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が広範囲の人。
(4)湿潤やただれのひどい人。
(5)深い傷やひどいやけどの人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,刺激感(ヒリヒリ感),はれ(腫脹),乾燥化(つっぱり感)
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

アポスティークリームの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

アポスティークリームが気になる人向けのコラム

旧石器時代の食生活をまねるダイエット

旧石器時代
旧石器時代ダイエットといっても、いったいどんなダイエットなのか、イメージしづらいと思います。これはパレオダイエットとも呼ばれる方法で、旧石器時代と同じように、野草や野生動物を食べることを真似するダイエット方法です。これは人間... 続きを読む

旧石器時代の食生活をまねるダイエット

旧石器時代
旧石器時代ダイエットといっても、いったいどんなダイエットなのか、イメージしづらいと思います。これはパレオダイエットとも呼ばれる方法で、旧石器時代と同じように、野草や野生動物を食べることを真似するダイエット方法です。これは人間... 続きを読む

コラーゲン

コラーゲンは動物の皮や骨、軟骨に含まれるタンパク質の一種です。人間の体の20%がタンパク質でできていますが、その約3分の1をコラーゲンが占めています。ところが25歳を過ぎた頃から急速に減少し始め、さらには紫外線によるダメージや喫煙による悪... 続きを読む

反復横跳びで筋力アップのダイエット

反復横とび
学校に通っていた頃は、体育の時間に反復横跳びをしたことがあります。
大人になってからはやる機会も無くなりましたが、これが良いダイエットになります。
反復横跳びは、自分が立っている中央に、縦にラインがあると,
こなしやす... 続きを読む

食事量を腹八分目にするダイエット法

腹八分目
毎日3食の食事を、お腹いっぱい食べていませんか。
食事だけでなく、おかしなどの間食も、頻繁に食べていませんか。
食事量を僅かに減らすだけで、ぐっと痩せる効果を得られます。
これから取り組めばいいのは、腹八分目にすることだ... 続きを読む