ペアアクネクリームWの効能・用量・副作用など

ペアアクネクリームWの基本情報

ペアアクネクリームW

ペアアクネクリームW

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 化膿性疾患用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 ライオン
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ペアアクネクリームWの特徴

「ペアアクネクリームW」は,患部を開かずに有効成分が浸透し,Wの効果で吹き出物・ニキビを“もと”から治す医薬品です。
○肌にしっとり,透明になるクリームなので,塗った上からメイクもでき,おでかけ前や外出中にも気になりません。
○患部にすっと伸びて,ベタつきません。
○肌に近い〔弱酸性〕です。
○植物系のほのかな心地よい香りです。

ペアアクネクリームWの効能効果

吹出物,にきび

ペアアクネクリームWの用法用量

1日数回,石けんで洗顔後,適量を患部に塗布します。
(用法関連注意)
(1)本剤は吹き出物・ニキビのある部位のみに使用し,周辺の広い部分には使用しないでください。
(2)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)本剤は外用にのみ使用してください。

ペアアクネクリームWの成分分量

分量
イブプロフェンピコノール 0.03
イソプロピルメチルフェノール 0.003
(添加物)
ステアリルアルコール,ポリソルベート60,エデト酸ナトリウム,パラベン,ジイソプロパノールアミン,オクチルドデカノール,1,3-ブチレングリコール,カルボキシビニルポリマー,香料

ペアアクネクリームWの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には使用しないでください
目や目の周囲
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬や化粧品などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部の湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,刺激感(ヒリヒリ感),はれ(腫脹),乾燥化(つっぱり感)
3.1ヵ月位使用しても症状がよくならない場合や,本剤の使用により症状が悪化した場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ペアアクネクリームWの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ペアアクネクリームWが気になる人向けのコラム

オオバコダイエットで満腹感が得られました

オオバコ
ドラックストアの棚を覗いてみると、オオバコを使用したダイエット食品が並んでいます。オオバコの種皮を砕いて粉にしたものを、牛乳や水に混ぜてよくシェイクして飲むというダイエット方法です。このオオバコがお腹のなかで膨れて、今までに感... 続きを読む

「お香」で心も体もリラックス-日本のお香が体にいい理由

白檀(びゃくだん)のお線香のにおいや新しい畳のにおいをかいだとき、小さいころ行った田舎のおばあちゃんの家を思い出したり、香水のにおいから大好きだった人のことを思い出したり、香りによって懐かしいできごとや人の記憶がよみがえることはありません... 続きを読む

皮膚の構造と役割とは? 3層からなる皮膚の構造|バリア機能とは

全身を覆う皮膚の表面積は成人で1.5~1.8m2、重さは10kg近くもあり、体の最も大きな器官です。その構造は外側から内側へ表皮、真皮、皮下組織の3層になっています。分泌腺である脂腺や汗腺、角質からなる毛や爪は、皮膚付属器と呼ばれます。皮... 続きを読む

男性の抜け毛を予防する4つのセルフケア-本当に効く育毛剤は?

「髪が薄くなってきた……」と悩んでいる人がまず考えるのは、育毛でしょうか?
でもその前に、「髪に悪いこと」をしていないか生活習慣をチェックしてみてください。髪の健康には、生活習慣の影響がとても大きいのです。睡眠不足、栄養バランスの偏り、ス... 続きを読む

若い女性に多い「しゅさ様皮膚炎」 なりやすいタイプ・予防対策

あなたは、化粧品やヘアケア用品でかぶれやすいほうですか?
そんなとき、ステロイドの入った市販のかぶれ止め薬を使うこともあるでしょう。はじめは炎症が抑えられて湿疹はすぐに治りますが、使い続けるうちに赤ら顔になって、ニキビ状のブツブツができる... 続きを読む