大木五臓圓の効能・用量・副作用など

大木五臓圓の基本情報

大木五臓圓

大木五臓圓

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 散剤
製造販売会社 大木製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

大木五臓圓の特徴

大木五臓圓は漢方理念に基づき,人参,芍薬,桔梗,当帰,川きゅう,山薬,茯苓,地黄の8種類の成分を配合した滋養強壮剤です。
体の内部から機能を無理なく整え,おだやかに体力を回復させます。
また,大木五臓圓は,生薬特有の臭いと味を,ハチミツ,水アメで練り上げることにより,服用しやすくしております。
※五臓とは 肝 心 脾 肺 腎 の意味

大木五臓圓の効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症,発育期

大木五臓圓の用法用量

次の量をそのまま,あるいはお湯に溶かして随時服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):10g:3?4回
小児(8歳?14歳):5g:3?4回
8歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)乳幼児(8歳未満)に服用させないでください。
(2)定められた用法・用量をお守りください。
(3)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

大木五臓圓の成分分量

100g中
ニンジン末 0.8g
シャクヤク末 0.6g
キキョウ末 3.6g
トウキ末 0.6g
センキュウ末 0.6g
サンヤク末 2.4g
ブクリョウ末 7.2g
ジオウ末 4.2g
(添加物)
水アメ,ハチミツ,白糖

大木五臓圓の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
【守らないと現在の症状が悪化したり副作用・事故が起こりやすくなります。】
次の人は服用しないでください。
(1)本剤による過敏症(発疹・発赤,かゆみ,浮腫)を起こしたことのある人。
(2)8歳未満の乳幼児。
■相談すること
1.次の診断を受けたことのある人は,服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
高血圧症,糖尿病。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は,副作用の可能性がありますので直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:下痢
精神神経系:興奮,不眠
循環器:高血圧
3.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

大木五臓圓の保管上の注意

(1)直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために,他の容器に入れかえないでください。
(4)生薬を主原料としているため,製品の色や味に多少の差異を生じることがありますが,医薬品の本質には問題ありませんので,そのまま服用ください。
(5)使用期限の過ぎたものは服用しないでください。

大木五臓圓が気になる人向けのコラム

「山ガール」入門-女性がハイキングに向いている理由とは?

休日の高尾山。中高年や家族連れに交じって、若い女性の姿もたくさん見かけました。おしゃれなウエアを着て、ハイキングを楽しむ女性たち。そんな彼女たちを「山ガール」と呼びます。主力は20~30代のアラサー女子。
山ガール出現の大きな一因は、ウ... 続きを読む

年金制度のしくみ

年金制度の仕組み
年金制度とは、簡単に言えば若い世代がリタイヤ世代の生活をみんなで支えていこう、という理念の元に成り立っています。
20歳以上のすべての人は国民年金保険料を負担しなければならず、会社員や公務員はさらにプラスして厚生年金... 続きを読む

低い山も甘く見ると遭難事故に-安全な山歩きのコツとは

梅雨が明ければ本格的な夏山のシーズン。昨年は、華やかなウエアで楽しそうに山道を行く「山ガール」たちが大いに話題になりました。それに釣られてか、おしゃれな「山ボーイ」も少なからず見かけられるようになりました。ファッショナブルに登山を楽しもう... 続きを読む

お風呂を攻略すれば素肌美人になれる! 入浴剤は買わないで作る

一日の終わりに、ホッとくつろぐバスタイム。このリラックスした時間をさらに充実したものにしてみませんか?
ひと手間かけるだけでいつものお湯が、美容と健康にいいお湯に変身!
市販の入浴剤を使用するのもいいですが、自宅にある材料を自分の好みに合... 続きを読む

登山の山選びは難易度を参考に-登山ルートごとの難易度もチェック

ますます盛んになる登山ブーム。登山客には、ブームを支える中高年ばかりでなく若い人たちの姿も目立ちます。そして、ブームの高まりとともに気になるのは山岳遭難。遭難事故を防ぐには、自分の技量や体力に見合った登山ルートを選ぶべきことはいうまでもあ... 続きを読む