ビタロークゴールドAの効能・用量・副作用など

ビタロークゴールドAの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 皇漢堂製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ビタロークゴールドAの特徴

働きすぎ,体力の使いすぎなどで疲れがたまって,体がだるい,食欲がない,よく眠れないといった症状がでていませんか。
ビタロークゴールドAは,疲れた体に効果のある滋養強壮成分(ロクジョウ末,オキソアミヂン末)を配合しています。さらに,7種のビタミンの補給もできます。
普段から疲れやすかったり,体力がないと思われている方も,毎日の健康管理にお役立てください。

ビタロークゴールドAの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病後の体力低下・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

ビタロークゴールドAの用法用量

次の1回量を水またはお湯でかまずに服用してください。
ただし,2回服用する場合は,朝夕食後に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1錠:1?2回
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。

ビタロークゴールドAの成分分量

2錠中
ロクジョウ末 20mg
オキソアミヂン末 50mg
ガンマーオリザノール 10mg
チアミン硝化物(硝酸チアミン) 10mg
リボフラビン(ビタミンB2) 4mg
ピリドキシン塩酸塩(塩酸ピリドキシン) 10mg
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(コハク酸トコフェロールカルシウム) 20.7mg
ビタミンA油 6.67mg (2000ビタミンA単位)
L-アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンC) 112.6mg
ニコチン酸アミド 25mg
無水カフェイン 50mg
(添加物)
セルロース,無水ケイ酸,ヒドロキシプロピルセルロース,クロスポビドン,ヒプロメロース,白糖,タルク,酸化チタン,アラビアゴム,ポビドン,カルナウバロウ,黄色5号,ゼラチン,ビタミンE,モノラウリン酸ソルビタン,ステアリン酸マグネシウム

ビタロークゴールドAの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠3ヵ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人または妊娠を希望する人。(妊娠3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間にビタミンAを1日10,000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告がある。)
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続または増強が見られた場合には,服用を中止し,医師または薬剤師に相談してください。
下痢

ビタロークゴールドAの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために他の容器に入れかえないでください。
(4)湿気により錠剤表面が変色することがありますので,ぬれた手で触れないでください。
(5)ビンの中の詰め物は,輸送中の錠剤の破損を防止するために入れてありますので,フタをあけた後はすててください。
(6)箱およびラベルの「開封年月日」記入欄に,開封した日付を記入し,ビンをこの文章とともに箱に入れたまま保管してください。
(7)一度開封した後は,品質保持の点から6ヵ月以内に服用してください。なお使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ビタロークゴールドAが気になる人向けのコラム

家事を頑張れば運動不足も解消できちゃう? 一石二鳥のダイエット

まもなく年末の大掃除(そうじ)の季節。普段からきれいにしている人には楽勝でも、忙しさにかまけて放っておいた人にとっては、考えるだけ気が重くなってしまいます。しかしこの大掃除、実は健康づくりにも役立つ「生活活動」なのです。

厚生労働省... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

セロリはダイエットだけでなく栄養も満点

セロリ
セロリのカロリーは100グラムでたったの15キロカロリーだと言われています。すなわちとても低カロリーな野菜というわけなのです。
なのに、妊婦さんに大切な葉酸などがたくさん含まれているスグレモノ。
セロリには独得の香り成分であ... 続きを読む

酢の健康パワーを取り入れよう! 1日大さじ1杯で8つの健康効果

人類最古の発酵調味料といわれる酢。最近はその健康効果が注目され、お店には色々な種類の酢が並び、酢を使ったドリンク商品がよく売れています。黒酢カフェやビネガーバーなども話題になっています。
食品成分表には食酢類として穀物酢、米酢、果実酢... 続きを読む