ハルンケアゼリーの効能・用量・副作用など

ハルンケアゼリーの基本情報

ハルンケアゼリー

ハルンケアゼリー

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬
形状 ゼリー剤
製造販売会社 大鵬薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ハルンケアゼリーの特徴

1.スティックタイプのゼリー剤だから,水なしで服用いただけ,携帯(旅行やお出かけ)に便利。
2.液剤でむせやすい方や錠剤等の服用が苦手な方にも飲みやすいゼリー剤です。
3.黒糖風味で,苦みも少なく,お薬の味が苦手な方にもおすすめ出来ます。
4.8種類の生薬(ジオウ,タクシャ,ボタンピ,ブクリョウ,サンシュユ,サンヤク,ケイヒ,炮附子)から抽出・濃縮し,更にエタノールを加え,澱粉等を分離除去した後,エタノールを蒸発除去して製したエキスを含有する生薬製剤です。
5.体力の低下,下半身の衰え,手足の冷えを伴う方の“軽い尿もれ”,“頻尿(小便の回数が多い)”,“残尿感”,“尿が出渋る”の症状を緩和します。

ハルンケアゼリーの効能効果

体力の低下,下半身の衰え,手足の冷えを伴う次の症状の緩和:軽い尿もれ,頻尿(小便の回数が多い),残尿感,尿が出渋る

ハルンケアゼリーの用法用量

次の量を朝夕食前又は食間※に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包(14g):2回
小児(15歳未満):服用しないでください。
※食間とは食事と食事の間という意味で,食後約2時間のことです。
(用法関連注意)
●本品は1回1包,飲みきりですので,分割服用しないでください。
●定められた用法・用量を厳守してください。

ハルンケアゼリーの成分分量

2包(28g)中
生薬エキスH 11mL (ジオウ5g,タクシャ・ボタンピ・ブクリョウ・サンシュユ・サンヤク各3g,ケイヒ・炮附子各1g)
(添加物)
エリスリトール,キシリトール,ペクチン,アセスルファムカリウム,ソルビン酸カリウム,クエン酸,クエン酸ナトリウム,乳酸カルシウム,バニリン,プロピレングリコール,香料

ハルンケアゼリーの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください。
(1)胃腸の弱い人
(2)下痢しやすい人
(3)次の症状のある人
●脊髄損傷や認知症等により,「尿がもれたことに気が付かない」
●前立腺肥大症等により,「少量ずつ常に尿がもれる」
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
(5)漢方製剤等を服用している人(含有生薬の重複に注意する)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃部不快感,下痢,腹痛,便秘
精神神経系:頭痛,めまい
循環器:動悸
呼吸器:息切れ
泌尿器:尿閉
その他:のぼせ,悪寒,浮腫,口唇・舌のしびれ
3.14日間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師, 薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ハルンケアゼリーの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)開封後の保存及び他の容器への入れ替えをしないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱及びスティック包装に記載しています。

ハルンケアゼリーに効果効能が似た薬

ハルンケアゼリーが気になる人向けのコラム

下半身トレーニングでダイエット

下半身トレーニング
下半身痩せは難しいと感じている方も多いですよね。
下半身痩せには、下半身トレーニングが最適ですが、この下半身トレーニングには、ダイエットを強化する嬉しい効果がいっぱいなんです。
ダイエットに必要なのは、基礎代謝を... 続きを読む

過活動膀胱ってどんな病気? 主な3つの症状と治療法

「過活動膀胱」という病気を知っていますか?
OAB(Overactive Bladderの略)ともいい、2002年に国際尿禁制学会(排尿機能などに関する国際学会)で定義が大幅に変更されたいわば新しい病名です。主な症状は、我慢できないほど強... 続きを読む

女性のデリケートゾーンのかぶれやかゆみ解決法-蒸し暑い季節は要注意

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて... 続きを読む

40代からは骨盤底トレーニングを 1日1回10分で尿もれを予防

前回は、骨盤底は妊娠・出産によってダメージを受けやすいため、妊娠中から十分に養生し、分娩時に骨盤底を傷めないようにすることが大切であること、出産後は骨盤底の回復を待ってトレーニングを始めたいことなどを述べました。今回は、加齢によって骨盤底... 続きを読む

食事の回数を減らすとやせない理由-置き換えダイエットより内臓の筋トレ

食事はカロリーも消費する“内臓の筋トレ” やせたいからと食事の回数を減らすと逆効果。内臓も筋肉であることを知って代謝アップするのが近道。 食事をすると汗をかく理由とは ダイエットしているからと食事の回数を減らしたり、食事をスムージ... 続きを読む