アフタッチAの効能・用量・副作用など

アフタッチAの基本情報

アフタッチA

アフタッチA

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口内炎用薬
形状 錠剤
製造販売会社 帝人ファーマ
販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

アフタッチAの特徴

“貼る”口内炎治療薬です。口内炎をしっかり保護し、薬の成分が徐々に放出されて患部に作用します。
お薬は貼付後しばらくするとゼリー状になり、自然に溶けてなくなります。

アフタッチAの効能効果

口内炎(アフタ性)

アフタッチAの用法用量

1患部に,次の回数を患部粘膜に付着させて用います。
[年齢:1日使用回数]
成人(15才以上)/小児(5才以上):1患部に,1回1錠,1日1?2回白色面を患部粘膜に付着させて用います
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)本剤は時間が経つと自然に溶けてなくなりますので,無理にはがさないでください。
(3)痛みが治まったら使用を終了してください。(使用中のものをはがし取る必要はありません。)
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(5)5才未満の乳幼児には使用させないでください。
(6)小児への使用においては,貼付後,指ではがしとるおそれがありますので注意してください。
(7)本剤は口腔粘膜付着剤ですので内服しないでください。内服しても効果はありません。
(8)もし誤って飲み込んでしまった場合,新しい薬を患部に貼り直してください。万が一,症状が変わったり,不安に思うことがありましたら医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(9)本剤は,使用方法をまちがえると付着しないことがありますので,使用方法を良く読んで正しく使用してください。使用部位によっては貼りにくい部分がありますので,うまく貼れない場合は医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(10)使用を忘れた場合は,気づいたとき,できるだけ早く貼ってください。
(11)本剤の白色面が唾液で濡れてしまいますと,薬の付着が悪くなりますので,その場合は,口内炎ができている部分にティッシュペーパーやガーゼなどを軽くあてて,唾液を拭き取った後,新しい薬を貼り直してください。
(12)本剤を患部粘膜に付着させた後,舌などで強くさわると,はがれることがありますので注意してください。
(13)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してご使用ください。(誤ってPTPシートに錠剤が入ったまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)

アフタッチAの成分分量

1錠中
トリアムシノロンアセトニド 0.025mg
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース,カルボキシビニルポリマー,ステアリン酸マグネシウム,乳糖,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),タルク,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,黄色5号

アフタッチAの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
(1)感染症の口内炎が疑われる人。(医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください)
●ガーゼなどで擦ると容易に剥がすことのできる白斑が口腔内全体に広がっている人。(カンジダ感染症が疑われる)
●患部に黄色い膿がある人。(細菌感染症が疑われる)
●口腔内に米粒大?小豆大の小水疱が多発している人,口腔粘膜以外の口唇,皮膚にも水疱,発疹がある人。(ウイルス感染症が疑われる)
●発熱,食欲不振,全身倦怠感,リンパ節の腫脹などの全身症状がみられる人。(ウイルス感染症が疑われる)
(2)口腔内に感染を伴っている人。
(ステロイド剤の使用により感染症が悪化したとの報告があることから,歯槽膿漏,歯肉炎等の口腔内感染がある部位には使用しないでください。)
(3)5日間使用しても症状の改善がみられない人。
(4)1?2日間使用しても症状の悪化がみられる人。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(4)授乳中の人。
(5)患部が広範囲(患部を本剤でおおいきれない)にある人。
(6)高齢者。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って,医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
口腔内:白斑(カンジダ感染症が疑われる),患部に黄色い膿がある(細菌感染症が疑われる)
その他:アレルギー症状(気管支喘息発作,浮腫等)
3.本剤使用後,次の症状があらわれた場合には,感染症による口内炎や他疾患による口内炎が疑われるので,使用を中止し,医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
発熱,食欲不振,全身倦怠感,リンパ節の腫脹,水疱(口腔内以外),発疹・発赤,かゆみ,口腔内の患部が本剤でおおいきれないくらい広範囲に広がる,目の痛み,かすみ目,外陰部潰瘍

アフタッチAの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)PTPシートから本剤を取り出したら速やかに使用してください。
(3)小児の手の届かない所に保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(5)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。

アフタッチAが気になる人向けのコラム

風邪のひき始めの薬は効果なし? 薬剤師が教える薬を飲むことの危険性

薬を飲めば飲むほど
病気に弱い体になっていく? 「薬の目的は症状を一時的に抑えること。治すものではありません」と話すのは、薬剤師の宇多川久美子さん。ちょっと具合が悪いからと“カジュアルに飲んでいる”と、深刻な不調を引き起こすこともある... 続きを読む

ゼリーをダイエットに役立てよう!

ゼリー
ゼリーは、腹持ちが良く、カロリーが低めのものが多いので、ダイエットをするときに、大いに役立ってくれる、おすすめの食品です。
ダイエットだからといって、三食全部をゼリーにしてしまうのは、あまりおすすめできません。ストレスが過大に... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む

口臭や歯のくすみ大丈夫? 加齢とともに口内環境は悪化する

「平成17年歯科疾患実態調査」(厚生労働省:6年ごとに行っている調査)によると、1日の歯みがき回数は調査ごとに増加し、口の中の健康に対する意識が高まっていることがうかがえます。
一方、別の調査では、毎日歯みがきしているのに、口の中のネ... 続きを読む