クミアイ鼻炎スプレーの効能・用量・副作用など

クミアイ鼻炎スプレーの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鼻炎用点鼻薬
形状 噴霧剤
製造販売会社 協同薬品工業
販売会社 全国農業協同組合連合会
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

クミアイ鼻炎スプレーの特徴

●霧状の小さな粒子が鼻の奥まで均一に広がり,つらい鼻炎症状をすばやく緩和するスプレー式の点鼻薬です。
●鼻粘膜の充血やはれをおさえることで,鼻の通りを改善するとともに,鼻づまり,鼻水,くしゃみといったアレルギー症状を緩和します。
●ミントの香りで,爽快感があり,鼻がスッキリします。

クミアイ鼻炎スプレーの効能効果

急性鼻炎,アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:鼻づまり,鼻水(鼻汁過多),くしゃみ,頭重(頭が重い)

クミアイ鼻炎スプレーの用法用量

次の量を,鼻腔内に噴霧してください。
[年齢:1回量:使用回数]
15歳以上:1?2度ずつ:3時間以上の間隔をおいて,1日6回まで
7歳?14歳:1?2度ずつ:3時間以上の間隔をおいて,1日6回まで
7歳未満:使用しないこと
(用法関連注意)
(1)過度に使用すると,かえって鼻づまりを起こすことがあります。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)点鼻用にのみ使用してください。

クミアイ鼻炎スプレーの成分分量

100mL中
ナファゾリン塩酸塩 50mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 500mg
ベンゼトニウム塩化物 20mg
塩酸リドカイン 500mg
(添加物)
エデト酸ナトリウム,グリセリン,l-メントール,クエン酸,クエン酸ナトリウム,マクロゴール,香料

クミアイ鼻炎スプレーの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.次の人は使用しないでください。
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)次の診断を受けた人:高血圧,心臓病,糖尿病,甲状腺機能障害,緑内障
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
鼻:はれ,刺激感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.3日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

クミアイ鼻炎スプレーの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にキャップをして保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わります。)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

クミアイ鼻炎スプレーが気になる人向けのコラム

筋肉痛・風邪予防・頭痛に効く-ミントのアロマオイルの上手な使い方

ラベンターとともに、北海道で精油生産の歴史をもつハーブのひとつが薄荷(ハッカ)です。開拓時代、入植した屯田兵がハッカを育てたのが北海道におけるハッカの歴史の始まりといわれています。
そのハッカの仲間がペパーミント。シソ科ハッカ属の多年... 続きを読む

首のコリをほぐし目の疲れをとる-仕事の合間に簡単ストレッチ

「仕事の合間に簡単ストレッチ」では、2回にわたって肩こり・首こり解消のストレッチを紹介してきました。今回は、首の後ろのこりや痛みはもちろん、目の疲れや頭痛にも効くストレッチです。
首の後ろが凝って硬くなると、首のこりや痛みだけでなく、... 続きを読む

【鼻づまり】はペットボトルと寝相で解消!

くしゃみや鼻水もつらいけれど、花粉でツラいのは「鼻づまり」という方も多いことでしょう。鼻づまりは花粉症などで鼻の穴の表面粘膜が炎症を起こして腫れ、空気が通れなくなることで起こります。 鼻づまりになると、頭がボーッとするだけでなく、鼻で... 続きを読む

ジョコビッチも実践-ひとさじのはちみつで頭も体もフルパワー

1月に行われた全豪オープンテニスで6度目の優勝を飾り、あらためて強さを見せつけたノバク・ジョコビッチ選手。その強さの秘訣は徹底したグルテンフリーの食事による肉体改造と言われていますが、もう一つ注目されているのが「はちみつ」です。ジョコビ... 続きを読む

子どもが風邪から中耳炎を発症しやすい理由-急性中耳炎の対処法

「ひな祭り」の3月3日は、「耳の日」でもあります。耳の健康障害でポピュラーな「中耳炎」は、乳幼児がかかりやすい病気です。細菌やウイルスが鼓膜(こまく)の内側の中耳に侵入して炎症を起こしますが、かぜに引き続いて起こることがよくあります。夜中... 続きを読む