ストーゼ止瀉薬の効能・用量・副作用など

ストーゼ止瀉薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 止瀉薬
形状 錠剤
製造販売会社 国産薬品工業
販売会社 カシマ薬品商事
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ストーゼ止瀉薬の特徴

ストーゼ止瀉薬は,細菌などのつくりだした毒素が腸内で作用するために起こる食あたり・水あたりや消化機能の低下,腸内異常発酵などによって起こる下痢・腹痛を伴う下痢などに良く効く止瀉薬で,腸機能の回復をたすけ改善をはかります。

ストーゼ止瀉薬の効能効果

下痢,消化不良による下痢,食あたり,はき下し,水あたり,軟便,腹痛を伴う下痢

ストーゼ止瀉薬の用法用量

次の量を食後に服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):4錠:3回
8才以上15才未満:2錠:3回
5才以上8才未満:1錠:3回
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲み下さい。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)

ストーゼ止瀉薬の成分分量

12錠中
次没食子酸ビスマス 900mg
タンニン酸アルブミン 1.11g
アクリノール 120mg
タンニン酸ベルベリン 90mg
ロートエキス 60mg
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース,乳糖,ステアリン酸カルシウム

ストーゼ止瀉薬の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
本剤又は牛乳によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
胃腸鎮痛鎮痙薬
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
(母乳に移行して乳児の脈が速くなることがある)
4.1週間以上継続して服用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)発熱を伴う下痢のある人,血便のある人又は粘液便の続く人。
(3)急性の激しい下痢又は腹痛・腹部膨満・はきけ等の症状を伴う下痢のある人。
(本剤で無理に下痢をとめるとかえって病気を悪化させることがある。)
(4)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(5)小児。(15才未満)
(6)高齢者。
(7)本人または家族がアレルギー体質の人。
(8)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(9)次の症状のある人。
排尿困難
(10)次の診断を受けた人。
心臓病,胃・十二指腸潰瘍,緑内障
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさ等とともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等があらわれる。
(2)5?6回服用しても症状がよくならない場合。
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は,増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談すること
口のかわき
その他の注意
■その他の注意
母乳が出にくくなることがある

ストーゼ止瀉薬の保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(2)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わる)

ストーゼ止瀉薬が気になる人向けのコラム

下痢を伴う腹痛の原因と対処法 下痢止めは飲んでもいい?

急にお腹が痛くなって、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む。そんな経験は誰もがしたことがあるはず。そんな下痢のときの対処法をご紹介します。 急性下痢の原因は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因 ふだん食事で摂った食べ物の消化吸収は小腸で行われ、水... 続きを読む

ストレスによる腹痛や下痢は過敏性腸症候群かも? 対処法と改善法

重要なミーティングの前など、ストレスを感じると、いつもお腹が痛くなり、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む……。「お腹が弱い体質だから」と思いがちですが、それは「過敏性腸症候群」という病気かもしれません。 ストレスにより下痢や便秘になる ... 続きを読む

一晩寝かせたカレーにはウェルシュ菌が増殖! 食中毒を防ぐには

よく、一晩寝かせた翌日のカレーはおいしいといわれますが、それは野菜や肉などの具材からうま味が溶け出すからだとか。
「それなら、これからカレーは作った次の日楽しむことにしよう」と即断するのは、ちょっと待って。というのは、保存の仕方によって... 続きを読む

妊娠初期の腹痛は危険? 腹痛の種類と気をつけたい3つの事

まだ体調が安定しない妊娠初期。腹痛があると不安になりますが、すべての腹痛が危険とは限りません。腹痛の種類と見分け方を知っておきましょう。 子宮が成長することで起こる腹痛は心配なし 妊娠すると赤ちゃんを育むため、子宮がどんどん大きくなって... 続きを読む

腸管免疫

あなたの体を守るシステム、それが「免疫」です。細菌やウイルスなどの病原体の侵入を感知し、抗体を作って自分の体をガードします。その機能が、なんと腸に備わっているのを知っていますか。「免疫システムの中心を担うのは白血球中の免疫細胞“リンパ球”で... 続きを読む