アイレンチックの効能・用量・副作用など

アイレンチックの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 その他
製造販売会社 三笠製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

アイレンチックの特徴

●アイレンチックは,スチック状の外用鎮痛・消炎擦剤です。製剤的工夫でサリチル酸メチルなどの有効成分を固形にし,使いやすいプラスチック容器に収めました。
手を汚すことなく患部に直接すり込むことができます。
●アイレンチックは,吸収性のよいサリチル酸メチルやl-メントール,dl-カンフルなどの緩和な刺激作用で患部の血行を促進し,肩こり,筋肉痛,腰痛などの炎症を抑え,こりや痛みをやわらげます。

アイレンチックの効能効果

肩こり,筋肉痛,腰痛,関節痛,筋肉疲労,打撲,捻挫,骨折痛,しもやけ

アイレンチックの用法用量

通常,1日1?数回適量を患部に塗擦する。
<容器の底部を押し上げて薬を4?5mm出し,患部にすり込んでください>
(用法関連注意)
(1)目に入らないようご注意ください。万一目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。
(4)患部の汗をふき取ってから使用してください。
(5)容器が直接患部に当たらないように,容器の中の薬剤を4?5mm出してから使用してください。

アイレンチックの成分分量

100g中
サリチル酸メチル 17.5g
l-メントール 6g
dl-カンフル 5g
グリチルレチン酸 0.02g
(添加物)
イソプロパノール,グリセリン,ヒマシ油,ステアリン酸ナトリウム,香料

アイレンチックの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿しん,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の方は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,使用を中止し,この説明文書を持って,医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

アイレンチックの保管上の注意

(1)直射日光をさけ,なるべく涼しい所に保管してください。
(2)火気に近づけないでください。
(3)小児の手のとどかない所に保管してください。
(4)使用後は必ずキャップをきちんとしめてください。(揮発性のために薬剤がもろくなり,使用できなくなることがあります)
(5)合成樹脂,塗料(家具,塗装床,アクセサリーなど),化繊,絹,皮革などに付着すると変質することがあるのでご注意ください。
(6)使用期限の過ぎたものは使用しないでください。

アイレンチックが気になる人向けのコラム

短い時間で楽々!筋肉緊張ダイエット

筋肉緊張
自分が痩せたいと思っている体の筋肉に力を入れる、これが筋肉緊張ダイエットです。脂肪を燃焼させることから常態変換法ダイエットととも呼ばれたりすることがあります。手順は至ってシンプルです。胸の筋肉の引き締めを行う場合は、胸を張り、... 続きを読む

気功入門-3つの入門用エクササイズ|体と心の緊張を解いてリラックス

「気功」は中国古来の哲学や医学に基づく健康法。中国や台湾では太極拳のように、健康のために公園などで行われています。東洋医学では、体の中を気・血・水(き・けつ・すい)の3つが巡っていると考えます。「血」は血液、「水」は血液以外の体液、「気」... 続きを読む

“脱力”の心地よさ 「禅的体操」で体をほぐそう! イラストで解説

私たちの体は、日頃気づかないうちにストレスや疲労を溜めこんでカチカチに硬くなっています。その体をゆるめ、自律神経の疲れをとろうというのが、樺島勝徳禅師 が提唱する「禅的体操」です。
キーワードは“脱力”。臨済宗の源となった臨済義玄のこ... 続きを読む

筋肉に働きかける常態変換法ダイエット

常態変換法
痩せている人と太っている人では筋肉の緊張度が違っているといわれています。
常態変換法は筋肉の緊張状態に注目したダイエットであり、体一つで行えるとっても手軽なダイエットです。
方法は簡単で、全身の筋肉の適度な緊張状態を意識... 続きを読む

サラダチキンを食べて筋肉増量ダイエット!

サラダチキン
ダイエットの際の食事で脂肪の摂取を控えたり糖分の摂取を控える人は多いですが、ダイエットの時にたんぱく質の摂取について考える人は意外に少ないです。

たんぱく質は人間の身体の中でも代謝が最も行われると言われている筋肉の形... 続きを読む