ユリナールの効能・用量・副作用など

ユリナールの基本情報

ユリナール

ユリナール

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 清心蓮子飲
形状 散剤
製造販売会社 パナケイア製薬
販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 清心蓮子飲   

ユリナールの特徴

■頻尿
目安として,昼間8回以上,夜2回以上トイレに行く
■残尿感
出した後,残る感じがしてスッキリしない
■出しぶり
尿のキレが悪い
構えてもすぐに出ない
勢いが弱く,とぎれとぎれに出る
ユリナールは,漢方処方「清心蓮子飲(セイシンレンシイン)」に基づく製剤です
9種類の生薬からなる漢方処方が,頻尿や残尿感などの症状を徐々に緩和します
胃腸が弱く,全身に倦怠感があり,普段から口や舌が乾燥気味で,尿が出しぶりがちな方に適しています

ユリナールの効能効果

体力中等度以下で,胃腸が弱く,全身倦怠感があり,口や舌がかわき,尿が出しぶるものの次の諸症:頻尿,残尿感,排尿痛,排尿困難,尿のにごり,こしけ(おりもの)

ユリナールの用法用量

次の量を食前または食間に水またはお湯で服用してください
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1包:3回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守すること
(2)吸湿しやすいため,1回で服用すること
●食間とは「食事と食事の間」を意味し,食後約2?3時間のことをいいます

ユリナールの成分分量

3包(5.4g)中
清心蓮子飲乾燥エキス-A 4.06g (レンニク・ニンジン各3.5g,バクモンドウ・シャゼンシ・オウゴン・ジコッピ各2.1g,ブクリョウ・オウギ各2.8g,カンゾウ0.7g)
(添加物)
デヒドロ酢酸ナトリウム,ケイ酸アルミニウム,D-マンニトール,プロピレングリコール,バニリン,エチルバニリン,香料

ユリナールの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
まれに次の重篤な症状が起こることがある
その場合は直ちに医師の診療を受けること
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱などがみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄だん(皮ふや白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振などがあらわれる
3.1ヶ月くらい服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

ユリナールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに保管すること
(2)小児の手の届かないところに保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)

ユリナールが気になる人向けのコラム

消費カロリーが多い全身浴ダイエット

全身浴
全身浴ダイエットではお風呂のお湯に全身つかって痩せることを目指します。
お風呂で半身浴をされるとダイエットに良いと聞いた方は多いでしょうが、上半身はお湯につかっていないため消費カロリーは意外と低いのです。
しかし全身浴では上... 続きを読む

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

ウエストのくびれは腹筋では作れない? 憧れのくびれの作り方とは

ウエストシェイプは肋骨と骨盤上部の距離を意識することから。腹筋を一生懸命やってもウエストのくびれはできない。くびれ作りに必要なのは伸ばすことと意識すること。 くびれが女性だけにあって、男性にないのはなぜ? 女性らしさのカギともいえるウ... 続きを読む

風邪には抗生物質は効かない? 細菌とウイルスの違いがポイント

抗生物質が効くのは細菌だけ 「風邪をひいたから病院に行って抗生剤をもらって早く治そう」と思って病院に行ったのに、抗生物質は処方されなかった……こんな経験はありませんか? 風邪には基本的に抗生物質は不要です。その理由を知るには、細菌とウ... 続きを読む

膀胱炎は予防できるのか

膀胱炎の原因のほとんどは大腸菌だった
膀胱炎と聞くと、内部の炎症のような感じも受けますが、実は意外にもほとんどの場合は大腸菌が原因で起こります。


一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。
膀胱炎のほとんどは、尿道... 続きを読む