雲切目薬αの効能・用量・副作用など

雲切目薬αの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 佐賀製薬
販売会社 笠原十兵衛薬局
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

雲切目薬αの特徴

元祖,「善光寺 雲切目薬」は,天文12年(1543年)のはるか昔に初代笠原十兵衛が創製いたしました。それは軟膏状の練り目薬が貝に入れられたもので,そのまま,あるいは水に溶いて使用されていました。「しみるがよく効く」と評判で,薬の乏しかった当時は目薬以外の用途にも珍重されておりました。
時を経て,この「雲切目薬」の復活を求める声が全国各地から寄せられ,それに応えて現在の目薬の形で販売したところ,多くの方々に喜ばれてきました。この目薬には,『雲切百草丸』の主成分である「オウバク」中のベルベリンと「甘草」中のグリチルリチン等が配合され,疲れ目や目のかゆみや充血,目のかすみなどにも効果を発揮します。第十七代 店主 笠原 十兵衛・第十八代 店主 笠原 久美子

雲切目薬αの効能効果

目の疲れ,結膜充血,眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど),紫外線その他の光線による眼炎(雪目など),眼瞼炎(まぶたのただれ),ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感,目のかゆみ,目のかすみ(目やにの多いときなど)

雲切目薬αの用法用量

1回2?3滴,1日3?6回点眼してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法,用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)容器の先がまぶたやまつ毛などに触れると,目やにや雑菌などのため,薬液が汚染または混濁することがありますので注意してください。また,混濁したものは使用しないでください。
(4)ソフトコンタクトレンズの装着液として,また,ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。ソフトコンタクトレンズが変質することがあります。
(5)本剤は,点眼用にのみ使用してください。

雲切目薬αの成分分量

100mL中
ベルベリン硫酸塩水和物 10mg
グリチルリチン酸二カリウム 150mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 30mg
ピリドキシン塩酸塩 50mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 250mg
(添加物)
ホウ酸,ホウ砂,l-メントール,d-ボルネオール,エデト酸ナトリウム水和物,グリセリン,クロロブタノール,メチルパラベン,プロピルパラベン

雲切目薬αの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人
緑内障
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
3.次の場合は,使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)2週間位使用しても症状がよくならない場合

雲切目薬αの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。また品質の保持のため,自動車内や暖房器具の近くなど,高温の場所(40℃以上)に放置しないでください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)。
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。また,使用期限内であっても開封後はできるだけ速やかに使用してください。
(6)本剤の黄色は「ベルベリン」の色です。点眼の際,衣服などにつけないよう,十分にご注意ください。また点眼時,ティッシュを目の下に当ててお使いになることをお勧めします。
(7)保存の状態によっては,成分の結晶が容器の先やキャップの内側につくことがあります。その場合には清潔なガーゼ等で軽く拭き取ってください。

雲切目薬αが気になる人向けのコラム

ココアダイエットで便秘を解消!

ココア
ダイエットというと、極端な食事制限や絶食をしたり、きつい運動を無理に行って痩せようとする人が時折見受けられます。

しかしこれらの極端な食事制限やきつい運動を行うダイエットは身体に多大な負担を与えるばかりではなく、胃腸の調子... 続きを読む

足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に

素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけたいもの。普段はあまり気にしていないかもしれませんが、足の小指のつけねが痛い人は、もしかしたら内反小趾(ないはんしょうし)かもしれません。 外反拇趾に比べて知られていない内反... 続きを読む

鉄分

不足が許されないミネラルの一つで、赤血球のヘモグロビンを構成する主成分です。筋肉中のミオグロビン(ヘモグロビンに似たたんぱく質)というエネルギー源になる物質の成分としても使われます。 「血液中の赤血球は呼吸で取り入れた酸素を全身に運びます... 続きを読む

バレリアン

「 最近、よく眠れない…」と感じたことありませんか?
でも、睡眠薬はちょっとイヤ、そんな時には、バレリアンというハーブがおすすめです。 「 バレリアンは、古代ギリシャ・ローマ時代から重宝されてきた薬草。名前の由来は、ラテン語で“健康になる”... 続きを読む

夏はエアコンによる肌の乾燥に注意! 正しい日焼け止めの選び方

もうしばらく梅雨が続きますが、梅雨が明けると季節は一気に夏本番へ突入します。すると肌は過剰な皮脂や汗によってニキビや湿疹が出やすくなり、スキンケアの関心は洗顔に向かい、保湿は手薄になりがちです。ところがそれが落とし穴。
通勤・通学、職... 続きを読む