ソケーカンS「コタロー」の効能・用量・副作用など

ソケーカンS「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 疎経活血湯
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 疎経活血湯   

ソケーカンS「コタロー」の特徴

本剤は,漢方の古典「万病回春(まんびょうかいしゅん)」(明代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく錠剤としたものです。
四肢の関節や,腰から下あるいは肩,くび,腕などが痛み,時には腫(は)れたり,しびれたりして日常生活に支障を来たしている方が少なくありません。
これらは時に夜間に痛みがひどくなったり,寒冷・湿気で悪化するなど,原因やあらわれ方もさまざまです。
ソケーカンSは,経(けい)を疎(そ)し(気血(きけつ)の道の通りをよくし),血(けつ)を活(い)かして(血行をよくして)上記の症状を改善する薬です。

ソケーカンS「コタロー」の効能効果

神経痛,腰痛,関節痛,筋肉痛

ソケーカンS「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):4錠:3回
15歳未満7歳以上:3錠:3回
7歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ソケーカンS「コタロー」の成分分量

12錠中
水製エキス 3.6g (シャクヤク1.25g,トウキ・ジオウ・ソウジュツ・センキュウ・トウニン・ブクリョウ各1g,ゴシツ・イレイセン・ボウイ・ワキョウカツ・ボウフウ・リュウタン・チンピ・ビャクシ各0.75g,ショウキョウ・カンゾウ各0.5g)
(添加物)
結晶セルロース,酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,乳糖水和物,ヒプロメロース,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

ソケーカンS「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振・胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

ソケーカンS「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

ソケーカンS「コタロー」が気になる人向けのコラム

眠たいのに寝られない、これって不眠症?

不眠症とは?
眠りたいのに眠れない、これは本当につらい経験です。眠れないからイライラしたり焦ったりして、また余計に眠れない…なんていう悪循環に思い当たる人も多いでしょう。


不眠症とは、実際の睡眠時間の長短にかかわらず睡眠不足感... 続きを読む

豆ココアで脂肪分解をサポートダイエット!

豆ココア
「豆ココア」という飲み物を皆様はご存知でしょうか。

「豆ココア」とはその名の通り、豆乳とココアパウダーを混ぜた飲み物の事です。

「豆ココア」にはミネラルやアミノ酸を始めとした様々な栄養素が含まれており、これらの栄養... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

足のイヤな臭いの原因-臭いを元から断つ方法と靴の手入れの仕方

自分の足の不快なにおいが気になっている人、多分たくさんいるでしょうね。特にこの時期、よそのお宅を訪問するのに靴を脱がなければならないとなると、ついつい腰が引けてしまうこともあるのでは?
どうして足がにおうのか。その理由の1つは足裏には... 続きを読む

小豆ミルクで自律神経をととのえてやせる!

小豆ミルク
男性に比べると女性が便秘になりやすいのはれっきとした理由があります。

女性は男性に比べて1月単位で見てもホルモンバランスが常に変化しており、ホルモンバランスの影響を受けて腸の動きが鈍り、便秘になると言われているのです。... 続きを読む