本草八味地黄丸料エキス錠-Hの効能・用量・副作用など

本草八味地黄丸料エキス錠-Hの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 八味地黄丸(腎気丸,八味腎気丸,崔氏八味丸)
形状 錠剤
製造販売会社 本草製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

本草八味地黄丸料エキス錠-Hの特徴

本草八味地黄丸料エキス錠-Hは漢方処方「八味地黄丸」を煎じて服用する不便をなくし,簡便に服用出来るようにエキス錠とした製品です。

本草八味地黄丸料エキス錠-Hの効能効果

体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿でときにロ渇があるものの次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、残尿感、夜間尿、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)、軽い尿漏れ

本草八味地黄丸料エキス錠-Hの用法用量

次の量を1日3回食前又は食間に服用すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3錠:3回
7歳以上15歳未満:2錠:3回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

本草八味地黄丸料エキス錠-Hの成分分量

9錠中
八味地黄丸エキス(1/2量) 2.2g (ジオウ2.5g,サンシュユ・サンヤク・タクシャ・ブクリョウ・ボタンピ各1.5g,ケイヒ・ブシ末各0.5g)
(添加物)
セルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),炭酸カルシウム,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),ステアリン酸マグネシウム

本草八味地黄丸料エキス錠-Hの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
(1)胃腸の弱い人。
(2)下痢しやすい人。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,腹痛
その他:動悸、のぼせ、口唇・舌のしびれ
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

本草八味地黄丸料エキス錠-Hの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限をすぎたものは服用しないこと。

本草八味地黄丸料エキス錠-Hが気になる人向けのコラム

見逃されやすい「仮面高血圧」脳卒中や心筋梗塞のリスクも

病院や診療所などで血圧を測ると正常なのに、家庭や職場などふだんの生活のなかで測ると高い値を示す人がいます。このようなケースも実際は高血圧と呼ぶべきなのに、医療機関での測定ではまるで正常血圧という“仮面”をかぶっているようにみえることから、... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)ってなに? 「トイレが近い」「我慢できない!」

「最近、トイレが近いなあ……」ふと、そう感じることはないですか?
「トイレが近い(頻尿)」「尿意を感じたとたん、我慢できなくなる(尿意の切迫感)」など、排尿に関するトラブルを抱えている人は、ずいぶん多くみられます。
しかし、人前で口にす... 続きを読む

耳鳴りはなぜ起こるのか? 難聴が原因の可能性も|症状や治療法

耳鳴りに悩む方は少なくありません。周りで何も音がしていないのに耳の奥のほうでたびたび音が聞こえてくると、気になって仕事に集中できなかったり眠れなかったりと、日常生活にも影響が及ぶこともあります。
耳鳴りには、聴診器などでほかの人も聞く... 続きを読む

線虫がたった1滴の尿で早期がんを発見する! しかも費用は数百円?

2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなる時代。「がん」は日本人の死因第一位ですが、がんの死亡を防ぐには早期発見・早期治療がもっとも有効だといわれています。そこで、九州大学の研究グループは「がん患者の尿の匂いに線虫が反応する」... 続きを読む

RSウイルス感染の徹底予防法 乳幼児や高齢者に感染させないためは?

乳幼児がかかりやすいRSウイルス。体力のない高齢者が施設内で集団感染したという報告も。普段の生活の中で移りやすいウイルスのため、家族も注意が必要です。 インフルエンザと重なる11〜1月がピーク RSウイルスは世界中に分布しているウイル... 続きを読む