ジンソニン「コタロー」(参蘇飲エキス錠)の効能・用量・副作用など

ジンソニン「コタロー」(参蘇飲エキス錠)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 参蘇飲
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 参蘇飲   

ジンソニン「コタロー」(参蘇飲エキス錠)の特徴

本剤は,漢方の古典「和剤局方(わざいきょくほう)」(宋代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく錠剤としたものです。
ジンソニンは,ふだんからあまり体が丈夫でなく,胃腸の弱い方がかぜをひいた場合に用いられる漢方薬です。
また,せきや痰(たん)がいつまでもとれないような場合にも用いられます。

ジンソニン「コタロー」(参蘇飲エキス錠)の効能効果

感冒,せき

ジンソニン「コタロー」(参蘇飲エキス錠)の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):4錠:3回
15歳未満7歳以上:3錠:3回
7歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ジンソニン「コタロー」(参蘇飲エキス錠)の成分分量

12錠中
水製エキス 2.7g (ソヨウ・キジツ・ニンジン・タイソウ・モッコウ各0.75g,ブクリョウ・ハンゲ各1.5g,チンピ・カッコン・ゼンコ・キキョウ各1g,ショウキョウ・カンゾウ各0.5g)
(添加物)
酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,ヒプロメロース,粉末飴,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カルナウバロウ,サラシミツロウ

ジンソニン「コタロー」(参蘇飲エキス錠)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

ジンソニン「コタロー」(参蘇飲エキス錠)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

ジンソニン「コタロー」(参蘇飲エキス錠)に効果効能が似た薬

ジンソニン「コタロー」(参蘇飲エキス錠)が気になる人向けのコラム

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

子どもの風邪やぜんそくに効くツボマッサージ 長引く咳にも効果あり

せきが止まらないときは大人でもとても苦しいものです。とくに子どもの場合は見ているだけでもつらくなります。
せきの原因は風邪や喘息、気管支炎、アレルギーなどさまざまですので、まずは医療機関を受診して適切な処置を受けてください。
それで... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎の感染経路は? 症状や完治までの期間など

マイコプラズマ肺炎とは、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することによって起こる呼吸器感染症です。かつては、4年おきのオリンピックが開催される年に流行したことから「オリンピック肺炎」と呼ばれたこともありましたが、近年はそうした傾向がく... 続きを読む

昆布茶で健康的にダイエットしてみては

昆布茶
そもそも昆布茶は昔から健康茶として広く支持され続けています。ガン予防をはじめとして高血圧や動脈硬化などにも有効だとされています。昆布に含有される「ヨード」の成分が甲状腺ホルモンの分泌を促し、より新陳代謝が円滑になります。これによ... 続きを読む

スパイスが効くカレーダイエット

カレー
カロリーが高いイメージもあるカレーですが、食べ方次第でダイエットも効いてくれるそうなんです。
カレーの香りは食欲をそそりますよね。
このカレーの香りの元になっているスパイスたちは、漢方で使われている生薬と同じものなんです。 ... 続きを読む