ベーラコタローSの効能・用量・副作用など

ベーラコタローSの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 清上防風湯
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 清上防風湯   

ベーラコタローSの特徴

本剤は,漢方の古典「万病回春」(明代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく錠剤としたものです。
ニキビのできる原因は,皮脂が分泌亢進してうまく排泄されないことにありますが,ベーラコタローSには,漢方でいう発表作用のある生薬が配合されており,体外への排泄を促します。また,腫れをやわらげたり,排膿し,熱をさます作用もありますので,赤くて大きい,充血性・化膿性のニキビ,思春期などの若い人で顔色にも赤みのある健康な人のニキビに用いられる漢方薬です。
洗顔をまめにしたり,油性の化粧品を避け,便秘に注意するなど,生活面からの気くばりも大切です。

ベーラコタローSの効能効果

にきび

ベーラコタローSの用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):4錠:3回
15歳未満7歳以上:3錠:3回
7歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ベーラコタローSの成分分量

12錠中
水製エキス 2g (ケイガイ・オウレン・サンシシ各0.75g,ハッカ・キジツ・カンゾウ各0.5g,センキュウ・オウゴン・レンギョウ・ビャクシ・キキョウ・ボウフウ各1.25g)
(添加物)
酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルメチルセルロース2910,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

ベーラコタローSの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.本剤の服用により,まれに症状が進行することもありますので,このような場合には,服用を中止し,医師または薬剤師に相談してください

ベーラコタローSの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

ベーラコタローSが気になる人向けのコラム

1日に2リットル飲める人へ

お水
お水でダイエットする方法はおよそ2リットルのお水を1日の内に分割して飲み干すというものです。飲む前の注意点はお水を常温に保つことです。決して冷やしたお水を飲まないようにしましょう。お腹を冷やして下痢するということはダイエットではあ... 続きを読む

若い女性に多い「しゅさ様皮膚炎」 なりやすいタイプ・予防対策

あなたは、化粧品やヘアケア用品でかぶれやすいほうですか?
そんなとき、ステロイドの入った市販のかぶれ止め薬を使うこともあるでしょう。はじめは炎症が抑えられて湿疹はすぐに治りますが、使い続けるうちに赤ら顔になって、ニキビ状のブツブツができる... 続きを読む

たった10秒でできる健康管理-5つの顔色で分かるあなたの体調

日ごろ、どんなに忙しくしている女性でも鏡を見る習慣のない人はいないでしょう。また男性でも、朝、顔を洗うときくらいは、洗面台の鏡に映った自分の顔に目がいくのではないでしょうか?
そのわずか10秒で、顔色から、体の不調やその背景にある生活... 続きを読む

ニキビのできる場所でからだの不調がわかるかも

ニキビは思春期と大人とでは違う

過剰な皮脂分泌により、ひたいやほお、あご、胸、背中などにあらわれる皮膚疾患で、男性ホルモンの影響によって思春期にできやすい。初期には、毛穴がふさがって皮脂がたまり、面ぽうという湿疹ができ、ここに細菌が... 続きを読む

シャープな首のラインを手に入れる方法-肌のたるみ・くすみ改善

ストレスがたまってくると、体全体の血行がわるくなり、内臓の機能も低下してくるのをご存知ですか?
体の中からきれいを引き出すためには、ストレスを取り除いて体全体の血行をよくし、胃腸などの内臓を元気に保っておくことが重要です。
ストレスを... 続きを読む