マヨッカンV「コタロー」の効能・用量・副作用など

マヨッカンV「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 麻杏よく甘湯
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

マヨッカンV「コタロー」の特徴

本剤は,漢方の古典「金匱要略」(後漢時代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく錠剤としたものです。
神経痛や関節痛は,汗をかいたあと冷たい風にあたったり,湿気の多いところに長くいたり,午後になって気温が下がったりすると,熱を持ち腫れて痛み大変つらいものです。
マヨッカンVは,こういった症状の原因となる体内の水毒,炎症などに効果があります。

マヨッカンV「コタロー」の効能効果

体力中等度なものの次の諸症:関節痛,神経痛,筋肉痛,手足のあれ(手足の湿疹・皮膚炎),いぼ

マヨッカンV「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):5錠:3回
15歳未満7歳以上:4錠:3回
7歳未満5歳以上:3錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

マヨッカンV「コタロー」の成分分量

15錠中
水製エキス 2g (マオウ4g,キョウニン3g,ヨクイニン10g,カンゾウ2g)
(添加物)
カルメロース(CMC),カルメロースカルシウム(CMC-Ca),軽質無水ケイ酸,結晶セルロース,酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,ヒプロメロース,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

マヨッカンV「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師または薬剤師に相談してください

マヨッカンV「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

マヨッカンV「コタロー」が気になる人向けのコラム

足のイヤな臭いの原因-臭いを元から断つ方法と靴の手入れの仕方

自分の足の不快なにおいが気になっている人、多分たくさんいるでしょうね。特にこの時期、よそのお宅を訪問するのに靴を脱がなければならないとなると、ついつい腰が引けてしまうこともあるのでは?
どうして足がにおうのか。その理由の1つは足裏には... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

ダイエットの効果が上がらないなら水毒解消を

水毒解消
真面目にダイエットをする人ほど陥りやすいのが、水毒です。お腹をいっぱいにして満腹感を得たり、デトックスのためにたくさん水を飲むように指示するダイエットが多いですが、水の摂りすぎは冷え性になってしまったり、むくみやすく、そのせ... 続きを読む

夏の冷えは女性の悩み-解消法と体の内側の「冷え」をチェック

女性は男性に比べ筋肉量が少なく、活動度が低いこと、月経前後のホルモンバランスの不調などから、一般に「冷え」の悩みは男性より女性に多く聞かれます。
「冷えと悩みに関する意識実態」の調査<花王(株)調べ>では、首都圏に住む10代~50代の... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む