フェルゼアDX20クリーム Nの効能・用量・副作用など

フェルゼアDX20クリーム Nの基本情報

フェルゼアDX20クリーム N

フェルゼアDX20クリーム N

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 資生堂
販売会社 資生堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

フェルゼアDX20クリーム Nの特徴

■フェルゼアDX20クリーム Nの特長
○空気が乾燥していると肌も乾燥してカサカサになり,かゆみを伴うことがあります。フェルゼアDX20クリーム Nは尿素20%と2種類のかゆみ止め成分(ジフェンヒドラミン,リドカイン)配合により,がまんできないかゆみを抑え,カサカサ肌をしっとりさせる効果があります。
○スーッとしてべたつかない,しっとりすべすべクリームです。
■こんなかゆい乾燥肌によく効きます
お風呂上がりや就寝中などに体が温まってかゆい時
すねなどの皮膚表面が白く粉をふいてかゆい時
衣類などの刺激でかゆい時
■入浴後や就寝前のご使用がおすすめです。

フェルゼアDX20クリーム Nの効能効果

かゆみを伴う乾燥性皮膚(成人・老人の乾皮症)

フェルゼアDX20クリーム Nの用法用量

1日数回,適量を患部に塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児(15歳未満)には使用させないでください。
(3)目に入らないようにご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)化粧品ではありませんので,適応症で定められた患部のみに使用し,基礎化粧等の目的で顔面には使用しないでください。

フェルゼアDX20クリーム Nの成分分量

1g中
尿素 200mg
ジフェンヒドラミン 10mg
リドカイン 20mg
グリチルリチン酸二カリウム 5mg
トコフェロール酢酸エステル 5mg
(添加物)
流動パラフィン,ワセリン,ジメチルポリシロキサン,セタノール,グリセリン,1,3-ブチレングリコール,ステアリン酸,ベヘン酸,ミリスチン酸イソプロピル,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ポリオキシエチレンベヘニルエーテル,ステアリン酸グリセリン,水酸化ナトリウム,クエン酸ナトリウム,乳酸,エデト酸ナトリウム,パラベン,ヒアルロン酸ナトリウム,l-メントール,その他1成分

フェルゼアDX20クリーム Nの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください。
(1)目のまわり,粘膜等
(2)引っかき傷等のきずぐち,亀裂(ひび割れ)部位
(3)かさぶたの様に皮膚がはがれているところ
(4)炎症部位(ただれ・赤く腫れているところ)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)薬や化粧品等による刺激症状又はアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,刺激感(痛み,熱感,ぴりぴり感),はれ,かさぶたの様に皮膚がはがれる状態
3.2週間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

フェルゼアDX20クリーム Nの保管上の注意

(1)本剤のついた手で,目など粘膜に触れないでください。
(2)高温をさけ,直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(3)小児の手の届かない所に保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後は品質保持の点からなるべく早くご使用ください。

フェルゼアDX20クリーム Nが気になる人向けのコラム

脳内から変えるハッピー脳ダイエット

ハッピー脳
ハッピー脳ダイエットをご存知でしょうか。
ハッピー脳ダイエットは、モデルの仁香さんが提唱したダイエット法です。
仁香さんは、ファッション雑誌で活躍する人気モデルですが、そんな仁香さんも、ストレスからものすごく太ってしまっ... 続きを読む

過度な上がり性は、社交不安障害かも-身体的な症状と治療法


学校では新学期が、社会では新年度が始まりました。入学式、入社式、歓迎会、保護者会、結婚式など、改まった場に出ることが増えるシーズンの到来です。
初対面の人たちや大勢の人たちが集まる場所、あるいは「ここぞ」という大事な場面で上がってしま... 続きを読む

肩こりや頭痛の隠れた原因は肩甲骨にある-肩甲骨を下げるストレッチ

つらい肩こりや偏頭痛。これらの原因の1つには、肩甲骨の動きが関わっています。もともと肩甲骨は左右上下に10センチ前後動くほど可動域が広いのですが、日常生活ではほとんど肩甲骨を動かさないため周りの筋肉が次第に硬くなります。
硬くなった筋... 続きを読む

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む