クラシエヨクイニンタブレットの効能・用量・副作用など

クラシエヨクイニンタブレットの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 クラシエ製薬
販売会社 クラシエ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

クラシエヨクイニンタブレットの特徴

●「ヨクイニン」は,ハトムギの皮を除いた種(たね)で,昔からお肌のために用いられてきた生薬です。
●いぼや皮膚のあれにすぐれた効果があります。
●のみやすい小型錠です。

クラシエヨクイニンタブレットの効能効果

いぼ,皮膚のあれ

クラシエヨクイニンタブレットの用法用量

次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):6錠:3回
15才未満7才以上:4錠:3回
7才未満4才以上:3錠:3回
4才未満3才以上:2錠:3回
3才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
〈用法・用量に関連する注意〉
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)3才以上の乳児に服用させる場合には,薬剤がのどにつかえることのないよう,よく注意してください。
〈成分に関連する注意〉
本剤は天然物(ヨクイニン)のエキスを用いていますので,錠剤の色が多少異なることがあります。また,錠剤の表面に黒褐色の斑点が見られる場合がありますが,これはヨクイニンのエキスによるものです。なお,本剤はヨクイニンのエキスを用いていますので,ヨクイニン特有のにおいを感じることがあります。

クラシエヨクイニンタブレットの成分分量

18錠中
ヨクイニンエキス 1,500mg (ヨクイニン19.5gに相当)
(添加物)
アメ,二酸化ケイ素,クロスCMC-Na,ステアリン酸マグネシウム,セルロース

クラシエヨクイニンタブレットの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

クラシエヨクイニンタブレットの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)ビンの中の詰物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開栓後は不要となりますのですててください。
(5)使用期限のすぎた商品は服用しないでください。
(6)水分が錠剤につきますと,変色または色むらを生じることがありますので,誤って水滴を落としたり,ぬれた手で触れないでください。

クラシエヨクイニンタブレットが気になる人向けのコラム

おたね人参

「オタネニンジン」、「御種人参」とも表記しますが、一般的には「朝鮮人参」または「高麗人参」といわれているものです。中国の山間部や朝鮮半島に自生するウコギ科の植物で、日本には朝鮮経由で渡来したので、朝鮮人参という通称が定着しました。
江戸時... 続きを読む

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む

希少糖

希少糖はその名の通り、自然界にごくわずかしか存在しない希少な糖。そのうちいくつかの種について、ダイエットやアンチエイジングといった健康・美容への効果と安全性がわかってきました。現在、希少糖入りの商品が次々と発売され、話題です。
「糖は大... 続きを読む

冬の乾燥肌の悩み 皮膚がポロポロ…これって垢? 正しいケア方法

年中身体の肌が乾燥していて、特にお腹周り、お尻や腰あたりは粉がふくほど。この前、お風呂でお腹周りの皮膚をこすったらアカが出てきて…。乾燥が原因なのでしょうか、ショックです。 (質問者
yukinko12121017さん) 教えて!go... 続きを読む