ヂアトミンG錠の効能・用量・副作用など

ヂアトミンG錠の基本情報

ヂアトミンG錠

ヂアトミンG錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 錠剤
製造販売会社 三宝製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ヂアトミンG錠の特徴

いろいろな食物からバランスよく栄養をとることは,健康の基本ですが,それには体内に取り込まれた食物が円滑に消化され,吸収されて,体に必要な栄養となることが大切です。しかし,現代の生活では食品の多様化や不規則な食事などによって,かえって栄養のバランスがとりにくくなっています。また,さまざまなストレスや疲労などが要因で食物の消化,吸収,排泄の過程がうまくいかず,不健康になりがちです。
ヂアトミンG錠は3大栄養素の消化酵素と乳酸菌の働きによって,衰えた消化・吸収作用を助け,腸の働きを整えると共にビタミンB群を補給し,さらに,日本人には不足しがちなカルシウム塩を配合した複合胃腸薬です。

ヂアトミンG錠の効能効果

消化促進,消化不良,食欲不振,食べ過ぎ,もたれ,胸つかえ,消化不良による胃部・腹部膨満感。整腸(便通を整える),軟便,便秘

ヂアトミンG錠の用法用量

1日3回,食後に次の量を服用してください。
[年齢:1回量]
15才以上:4錠
8才?15才未満:2錠
5才?8才未満:1錠
(用法関連注意)
(1)用法・用量を守ってください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ヂアトミンG錠の成分分量

12錠中
ビオヂアスターゼ1000 48mg
プロザイム6 15mg
パンクレアチン 420mg
リパーゼAP6 60mg
ラクトミン 30mg
チアミン塩化物塩酸塩 3mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 4mg
ピリドキシン塩酸塩 15mg
ニコチン酸アミド 5mg
リン酸水素カルシウム 840mg
乾燥酵母 240mg
コンブ末 240mg
(添加物)
酵母,コンブ,ケイ酸アルミニウム,セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム

ヂアトミンG錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ヂアトミンG錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。

ヂアトミンG錠が気になる人向けのコラム

にがりで便通改善ダイエット!

にがり
お豆腐に使われるにがりがダイエットに有効な食品であるという事を知らない人が意外なほど多いです。

お豆腐に使われるにがりは元々は海水から採れる物で、主成分は塩化マグネシウムとなり、にがりの中には豊富な海水のミネラルも含まれて... 続きを読む

あなたも北川景子顔に! 歯科医が教える【整顔テク】

冬になると、風邪や花粉症予防にマスクをしている女性が急増します。そんな女性がカフェでマスクをはずした顔を見ると!!!
「意外と年齢いってそう!」「美人だと思っていたのに……」なんて思ったことはないでしょうか?
物まねメイクで有名なざわち... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

ヤーコンを食べて腸内すっきりダイエット!

ヤーコン
ダイエットに欠かせない要素として腸内環境をととのえる事、が挙げられます。

腸内環境をととのえる事で便秘などを防いで代謝を良くし、代謝が上がる事で脂肪が燃焼しやすくなる身体を作る事が出来ます。

中南米に位置しているア... 続きを読む