ポビエイドの効能・用量・副作用など

ポビエイドの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤
製造販売会社 大洋製薬
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

ポビエイドの特徴

ポビエイドの有効成分「ポビドンヨード」は、各種の細菌、真菌、ウイルスに対して幅広く、優れた殺菌・消毒効果を発揮します。本品はエタノールを含有していないため、しみにくい製剤となっております。

ポビエイドの効能効果

すり傷、切傷、さし傷、かき傷、靴ずれ、創傷面の洗浄・消毒

ポビエイドの用法用量

1日数回患部に塗布する。
(用法関連注意)
1)本剤は外用だけに使用し、内服、うがいや粘膜の洗浄・消毒には使用しないこと
2)目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。
なお、症状が重い場合には、眼科専門医の診療を受けること
3)石けん等との併用は本剤の洗浄・消毒作用を弱める事があるので、石けん分を洗い落としてから
使用すること
4)定められた用法・用量を厳守すること
5)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること

ポビエイドの成分分量

50mL
ポビドンヨード 10w/v% (有効ヨウ素 1.0w/v%)
(添加物)
グリセリン、クエン酸水和物、リン酸水素Na水和物、クエン酸Na水和物

ポビエイドの使用上の注意と副作用

使用上の注意
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、服k作用がおこりやすくなる)
次の人は使用しないこと
1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人
2)患部が広範囲の人
3)深い傷やひどいやけどの人
相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること
1)医師の治療を受けている人
2)本人又は家族がアレルギー体質の人
3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この製品を持って医師又は薬剤師に相談すること
1)使用後、次の症状があらわれた場合
関係部位:皮ふ
症状:発疹・発赤、かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること
症状の名称:ショック(アナフィラキシー)
症状 :使用後すぐにじんましん、浮腫、胸苦しさ等とともに、顔色が青白くなり、手足が
冷たくなり、冷や汗、息苦しさ等があらわれる
2)5?6日間使用しても症状が良くならない場合

ポビエイドの保管上の注意

1)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること
2)小児の手のとどかない所に保管すること
3)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないこと
4)薬液で衣服等に着色し水で落ちにくい場合は、チオ硫酸ナトリウム(ハイポ)の液を用いて洗うこと。
ただし、ハイポの液は稀に色落ちの原因になる事もあるので、必ず目立たない部分でお試しいただ
き使用すること
5)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと

ポビエイドが気になる人向けのコラム

すりごまふりかけダイエットとは

すりごまふりかけ
すりごまふりかけダイエットとは、ごはんの上に、すったごまをふりかけて食べるダイエットです。スプーン1杯のすりごまをごはんにかけるだけなので楽ちんなダイエットです。楽なだけではなく、ごまは抗酸化成分が豊富で健康食品として... 続きを読む

ノロウイルスによる食中毒は冬場に増える-家族感染を予防しよう

夏を中心に起こる食中毒は細菌(サルモネラ菌、カンピロバクター、病原性大腸菌など)によるものが多いのですが、冬になると細菌が検出されないものがかなりふえてきます。その大部分はノロウイルスによるものです。流行する時期は11月から3月くらいまで... 続きを読む

足のイヤな臭いの原因-臭いを元から断つ方法と靴の手入れの仕方

自分の足の不快なにおいが気になっている人、多分たくさんいるでしょうね。特にこの時期、よそのお宅を訪問するのに靴を脱がなければならないとなると、ついつい腰が引けてしまうこともあるのでは?
どうして足がにおうのか。その理由の1つは足裏には... 続きを読む

効果抜群!プールでダイエット-泳げなくても大丈夫なエクササイズ

夏のフィットネスといったら、メーン舞台はやっぱりプールでしょう。そのプールでも、最近は泳ぐばかりでなく、いろいろな利用法が広がっています。水の浮力や抵抗を利用して、無理なく運動効果を上げることができるプール活用法をご紹介しましょう。
... 続きを読む

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む