クラシエ調胃承気湯エキス顆粒の効能・用量・副作用など

クラシエ調胃承気湯エキス顆粒の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 調胃承気湯
形状 散剤
製造販売会社 クラシエ製薬
販売会社 クラシエ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 調胃承気湯   

クラシエ調胃承気湯エキス顆粒の特徴

●「調胃承気湯」は,漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論」に収載されている薬方で,便秘に用いられています。
●「調胃承気湯」とは胃腸を整え,胃腸の働きを良くするという意味で,食欲があるのに大便がすっきりと出ないという便秘のタイプによく用いられています。
●慢性および急性の便秘に対して,おだやかに,すぐれた排便効果を発揮いたします。

クラシエ調胃承気湯エキス顆粒の効能効果

便秘

クラシエ調胃承気湯エキス顆粒の用法用量

次の量を1日2回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1包:2回
15才未満7才以上:2/3包:2回
7才未満4才以上:1/2包:2回
4才未満2才以上:1/3包:2回
2才未満:1/4包以下:2回
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1才未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

クラシエ調胃承気湯エキス顆粒の成分分量

2包(3g)中
調胃承気湯エキス粉末 1100mg (ダイオウ2.5g,カンゾウ1g,乾燥硫酸ナトリウム0.5gより抽出)
(添加物)
トウモロコシデンプン,乳糖,ステアリン酸マグネシウム,酸化ケイ素

クラシエ調胃承気湯エキス顆粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下剤(下剤)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体の虚弱な人(体力が衰えている人,体の弱い人)
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人
(5)高齢者
(6)次の症状のある人
むくみ
(7)次の診断を受けた人
高血圧,心臓病,腎臓病
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
(2)1週間位服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師又は薬剤師に相談してください
4.次の症状があらわれることがありますので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
下痢

クラシエ調胃承気湯エキス顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限のすぎた商品は服用しないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する時は,袋の口を折り返して保管し,2日をすぎた場合には服用しないでください。

クラシエ調胃承気湯エキス顆粒が気になる人向けのコラム

トイレはどこ!? 不安が悪循環を招く過敏性腸症候群とは?

ある日突然、外出先で下痢におそわれた。以来、「また、外出先で下痢になるかも」と心配で、電車も各駅停車にしか乗れない。デパートなどでは、トイレの位置をいつも確認していないと不安……。 こんな出来事に身に覚えがあるあなたは、「過敏性腸症候群」... 続きを読む

腰痛の原因と予防法-ギックリ腰になったら?4つの簡単対処法

いまや人々の健康上の関心事は「メタボリックシンドローム」に集まっている観がありますが、実際に症状を訴える人が多いのは、実は「腰痛」です。
厚生労働省による最も新しい調査では、「腰痛」は男性では1000人中82.0人が症状を訴えて第1位、... 続きを読む

早めの妊活がおすすめの人とは-妊娠のためにしたほうがいい事

子どものいる人生を思い描くカップルにとって「いつ子どもを産むか」はとても重要なことです。一般的に、30歳頃には一人目を出産するように計画したほうが有利です(「高齢妊娠、高齢出産のデメリットとメリット」参照)。
不妊治療で排卵誘発剤の反... 続きを読む

春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽?
それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大な... 続きを読む

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む