桔梗石膏エキス錠「コタロー」の効能・用量・副作用など

桔梗石膏エキス錠「コタロー」の基本情報

桔梗石膏エキス錠「コタロー」

桔梗石膏エキス錠「コタロー」

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

桔梗石膏エキス錠「コタロー」の特徴

桔梗(ききょう)は,古くからその根が漢方の要薬として知られ,鎮咳(せき止め)・去痰(タンを除く)・排膿(ウミを出す)の働きがあるといわれています。また,石膏(せっこう)も消炎(炎症をとる)・解熱(熱を下げる)などに効果のある鉱物生薬として知られてきました。
本剤はこれら2つの生薬を煎じてエキス錠としたもので,痰による咳や化膿を伴う疾患に用いられます。

桔梗石膏エキス錠「コタロー」の効能効果

去痰,排膿

桔梗石膏エキス錠「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは…食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):2錠:3回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)

桔梗石膏エキス錠「コタロー」の成分分量

6錠中
水製エキス 1.2g (キキョウ2g,セッコウ5g)
(添加物)
含水二酸化ケイ素,結晶セルロース,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,粉末飴

桔梗石膏エキス錠「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感,軟便
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

桔梗石膏エキス錠「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた商品は使用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

桔梗石膏エキス錠「コタロー」に効果効能が似た薬

桔梗石膏エキス錠「コタロー」が気になる人向けのコラム

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む

サンオイルの使い方|UV対策に使える身近なオイルとは?

サンオイルのイメージから、油を肌に塗ると日に焼けてしまうと思ってしまいがちですが、美容に使われているオイルの中には紫外線対策に効果のあるものもあります。逆に、肌のダメージになってしまうオイルもあるため、夏の素肌にやさしいオイル選びのポイ... 続きを読む

マルチミネラル

狭義には「多くの」「複数の」ミネラルということですが、栄養学的にはビタミンと一括りで考えたほうが実際的です。
というのも、ミネラルはカロリー、つまりタンパク質・炭水化物(糖質)・脂質の三大栄養素が体内で十分に働くために、ビタミンと共に必... 続きを読む

子どもが風邪から中耳炎を発症しやすい理由-急性中耳炎の対処法

「ひな祭り」の3月3日は、「耳の日」でもあります。耳の健康障害でポピュラーな「中耳炎」は、乳幼児がかかりやすい病気です。細菌やウイルスが鼓膜(こまく)の内側の中耳に侵入して炎症を起こしますが、かぜに引き続いて起こることがよくあります。夜中... 続きを読む

子どもが急性中耳炎になりやすい理由とは-症状や治療法について

3月3日は「耳の日」でした。耳の健康への関心を高めるために、半世紀以上も前に制定されたものです。ところで、耳の健康を損なう病気で、いちばんポピュラーなのは「中耳炎」でしょう。中でもその割合が高い急性中耳炎は、乳幼児から小学校低学年くらいの... 続きを読む