クミアイビタミンCカプセルの効能・用量・副作用など

クミアイビタミンCカプセルの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンC主薬製剤
形状 カプセル剤
製造販売会社 小林薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

クミアイビタミンCカプセルの特徴

アスコルビン酸(ビタミンC)は野菜や果実の成分として自然界に存在する有機酸の1つで,皮下のメラニン色素に作用し,しみ,そばかすや日やけなどによる色素沈着を緩和します。
アスコルビン酸は抗壊血病ビタミンとして知られるように,細胞をつなぐコラーゲンの生成に必要なビタミンで,毛細血管壁を強化し,歯ぐきからの出血,鼻出血を予防します。
病中病後の体力低下時,妊娠・授乳期,スポーツや労働などによる肉体疲労時にはビタミンCの必要量が増大しますので,ビタミンCの補給が必要となります。

クミアイビタミンCカプセルの効能効果

次の諸症状※の緩和:しみ,そばかす,日やけ・かぶれによる色素沈着
次の場合※の出血予防:歯ぐきからの出血,鼻出血
次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,老年期

クミアイビタミンCカプセルの用法用量

次の1回量を,水又はぬるま湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1?2カプセル:2回(朝・夕)
7才?14才:1カプセル:2回(朝・夕)
7才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

クミアイビタミンCカプセルの成分分量

1カプセル中
アスコルビン酸 500mg
(添加物)
トウモロコシデンプン,ゼラチン,ラウリル硫酸ナトリウム

クミアイビタミンCカプセルの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

クミアイビタミンCカプセルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気などの影響で薬が変質することがありますので,服用のつどビンのフタをよくしめてください。
(5)配置期限をすぎた製品は服用しないでください。

クミアイビタミンCカプセルが気になる人向けのコラム

シミ、肝斑、そばかすをセルフケアで無くそう

シミにも種類がある
女性にとって老けて見えたり、不健康に見えたりする「シミ」は本当に無くなってほしいですし、できるだけ作りたくないものですよね。ただ、単にシミと言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか。大きく分けて「肝斑」と「そば... 続きを読む

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

ボイセンベリー

ボイセンベリーはブルーベリーやラズベリーと同じ、ベリー類の一種です。日本では栽培がはじまったばかりですが、欧米ではジャムや砂糖漬けにしたものをパンやケーキに使うなどとても身近な食品。独特の甘酸っぱい味や香りで広く親しまれています。抗酸化作用... 続きを読む

アサイー

今、美容家の愛用品として多数のメディアで紹介されているアサイー。“美肌になった” “寝起きがすっきり”など、その即効性と効果で話題沸騰中の食品です。
アサイーは、ブラジルのアマゾン川流域に自生するヤシ科の果実で、直径1~2cm。黒紫色で... 続きを読む

美肌をつくるコラーゲン-ビタミンCと一緒に摂ると効果的な理由

コラーゲンといえば美肌!?
コラーゲンを主成分に「お肌のハリを保ちしわを防ぐ」とうたった化粧品や健康食品が数多く市販されていますから、みなさんよくご存じですね。でも、その効果は美肌づくりだけではなく、骨や目の老化も防ぐことを知っていました... 続きを読む