液体ムヒS2aの効能・用量・副作用など

液体ムヒS2aの基本情報

液体ムヒS2a

液体ムヒS2a

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 池田模範堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

液体ムヒS2aの特徴

液体ムヒS2aは,
●「かゆみ」にすばやく,「はれ・赤み」にしっかり効きます。
これらの症状を引き起こすメカニズムは,それぞれ違います。
液体ムヒS2aには,各々のメカニズムに作用する異なる2つの有効成分が配合されています。
(1)かゆみに:ジフェンヒドラミン塩酸塩が効く
(2)はれ・赤みのもとになる炎症に:デキサメタゾン酢酸エステルが効く
●サラッとして使用感の良い液体です。
・シャープな清涼感が得られます。
・さわやかなハーブ系の香りですので,周囲を気にせず使用できます。

液体ムヒS2aの効能効果

かゆみ,虫さされ,皮膚炎,かぶれ,じんましん,湿疹,しもやけ,あせも

液体ムヒS2aの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。なお,本剤の使用開始目安年齢は生後6カ月以上です。
(2)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合(充血や痛みが持続したり,涙が止まらない場合等)には,眼科医の診療を受けてください。
(3)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。

液体ムヒS2aの成分分量

100mL中
デキサメタゾン酢酸エステル 25mg
ジフェンヒドラミン塩酸塩 2g
l-メントール 3.5g
dl-カンフル 1g
グリチルレチン酸 0.2g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
(添加物)
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT),クエン酸,クエン酸ナトリウム,エタノール

液体ムヒS2aの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
(1)水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等又は化膿している患部。
(2)創傷面,目の周囲,粘膜等。
2.顔面には,広範囲に使用しないでください
3.長期連用しないでください(目安として顔面で2週間以内,その他の部位で4週間以内)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この説明文書をもって医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
皮ふ(患部):みずむし・たむし等の白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書をもって医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

液体ムヒS2aの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)火気に近づけないでください。
(5)液がたれないように注意して使用してください。
(6)次の物には付着しないように注意してください。(変質する場合があります。)
床や家具などの塗装面,メガネ,時計,アクセサリー類,プラスチック類,化繊製品,皮革製品等。
(7)使用期限(ケース底面及び容器底面に西暦年と月を記載)をすぎた製品は使用しないでください。
使用期限内であっても,品質保持の点から開封後はなるべく早く使用してください。
(8)液もれを防ぐためキャップをしっかり閉めてください。

液体ムヒS2aが気になる人向けのコラム

寝だめは効果なし! 理想は6時間睡眠-ぐっすり眠る3つのコツ

暑くて寝苦しい日が続くと、お肌にも影響が出てきます。美容と健康にとって睡眠が重要なのはわかっているけれど、毎日質、量ともに十分な睡眠をとることはなかなか難しく、気がついたら肌が脂っぽい、粉をふいてきた、ニキビができた、という緊急事態になっ... 続きを読む

パーキンソン病とは-主な4つの症状と治療法について

パーキンソン病は、主として働き盛りに発症する病気であるだけに、職場の理解や家族の協力、社会的な支援も大切な支えになります。同時に患者同士の情報交換も励みになり、最近はインターネットの活用も盛んです。その一つ「APPLE
明るく生きるパーキ... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

内面を磨いてフェロモン美人に! 食事やハーブ・アロマの美容法

「キレイになりたい!」女性なら誰でもそう願っているはず。私もずっとその思いを胸にあらゆる美容法を実践し、この10数年はエステティックサロンの経営者として、多くの女性が美しくなるためにサポートしてきました。そのなかで気づいたのは、外面を整え... 続きを読む