荊芥連翹湯エキス散「コタロー」の効能・用量・副作用など

荊芥連翹湯エキス散「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 荊芥連翹湯
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 荊芥連翹湯   

荊芥連翹湯エキス散「コタロー」の特徴

本剤は,漢方の一貫堂・森道伯の経験にもとづいて創方された処方に準拠して製造された漢方エキス散です。
蓄膿症やアレルギーによる鼻炎などがなかなか治らず,治療に通ったり,あきらめたりといった具合で,「鼻」に悩んでおられる方が近年大変増えています。
漢方では,過敏な体質またはアレルギー体質で,粘膜・皮膚が外界の刺激に反応しやすく,炎症反応を起こしやすい体質を解毒証体質と呼んでいますが,このような方は鼻症状を起こしやすく,また扁桃をしょっちゅう腫らしたり,ニギヒがなかなか治らなかったりします。
荊芥連翹湯エキス散「コタロー」は,これらの症状を治していく漢方薬でありますが,同時に水分や脂肪分の摂取を控えるなど,食生活や生活習慣の改善を心がけることも大切です。

荊芥連翹湯エキス散「コタロー」の効能効果

慢性鼻炎,慢性扁桃炎,蓄膿症,にきび

荊芥連翹湯エキス散「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1.0g:3回
15歳未満10歳以上:0.7g:3回
10歳未満:服用しないでください
(添付のサジは,大が1.0g,小が0.1gの計量用となっております)
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

荊芥連翹湯エキス散「コタロー」の成分分量

3g中
水製エキス 0.7g (トウキ・シャクヤク・オウレン・オウバク・レンギョウ・ハッカ・ケイガイ・キジツ・センキュウ・ジオウ・オウゴン・サンシシ・ハマボウフウ・カンゾウ各1.5g,ビャクシ・サイコ・キキョウ各2g)
(添加物)
トウモロコシデンプン,乳糖水和物,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

荊芥連翹湯エキス散「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)高齢者。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]]
間質性肺炎:せきを伴い,息切れ,呼吸困難,発熱等があらわれる。
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師または薬剤師に相談してください

荊芥連翹湯エキス散「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(6)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(7)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

荊芥連翹湯エキス散「コタロー」が気になる人向けのコラム

肩こりを解消するダイナミック・ストレッチング-座ってできる簡単体操

ストッレチングとは、筋肉や腱、関節などを引き伸ばすこと。スポーツなどで行うウォームアップ(準備運動)やクールダウン(整理運動)はもちろん、仕事や家事、勉強の合間にも、疲れを感じたときに伸ばす癖をつけると、疲労回復に大きな効果があります。 ... 続きを読む

糖尿病を予防する-8つのあぶない生活習慣をチェック

一口に糖尿病といっても、いくつかのタイプがあります。日本糖尿病学会ではこれを発症した原因別に、「1型糖尿病」、「2型糖尿病」、「特定の原因によるその他の型」、「妊娠糖尿病」、という4種類に分類しています。
一般に糖尿病という場合は、こ... 続きを読む

子どものアレルギーは予防できるのか-早めにできるケアって何?

アレルギー性の病気に悩む子どもの姿が目立ちます。実際、文部科学省の統計をみても、たとえばぜん息患者の割合は、幼稚園児から高校生までの各年代で10年前の2倍前後に増えています(「平成20年度学校保健統計調査」より)。とはいえ、ひと口にアレル... 続きを読む

遺伝子検査

「友達と一緒にウォーキングをはじめたけど、なぜか私だけ痩せない…」。こんな風に同じことをしても、人により効果に差が出るのは、体質の違いがあるから。その体質を調べられるのが、遺伝子検査なのです。
遺伝子検査は、口の中の粘膜や血液、爪を使っ... 続きを読む

尿路結石は若い女性にもできる!? 予防になる食事と生活習慣

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱(ぼうこう)に運ばれます。そして一定量の尿が膀胱にためられ、膀胱から尿道を通って排出されます。この腎臓、尿管、膀胱、尿道など、尿の通り道を尿路といい、尿路のどこかに石ができる病気が尿路結石です。症状は激痛... 続きを読む