ヨクイニンエキス細粒S「コタロー」の効能・用量・副作用など

ヨクイニンエキス細粒S「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ヨクイニンエキス細粒S「コタロー」の特徴

ヨクイニンエキス細粒S「コタロー」は,民間で親しまれているハトムギの種皮を取り除いた種子(ヨクイニン)からエキスを抽出し,細粒剤にしたものです。
ヨクイニンは中国の「神農本草経」などの薬物書に収載され,古来漢方の要薬とされてきました。
栄養価が高く,全身の水分のめぐりをよくし,水毒体質の改善をはかり,清熱排膿の働きがある生薬で,お肌のあれや,イボに用いて効きめがあります。

ヨクイニンエキス細粒S「コタロー」の効能効果

いぼ,皮膚のあれ

ヨクイニンエキス細粒S「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包:3回
15歳未満7歳以上:2/3包:3回
7歳未満5歳以上:1/2包:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ヨクイニンエキス細粒S「コタロー」の成分分量

3包(6g)中
ヨクイニンエキス 2g (ヨクイニン11.8gより抽出)
(添加物)
トウモロコシデンプン,乳糖水和物

ヨクイニンエキス細粒S「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

ヨクイニンエキス細粒S「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(6)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。

ヨクイニンエキス細粒S「コタロー」に効果効能が似た薬

ヨクイニンエキス細粒S「コタロー」が気になる人向けのコラム

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む

公的保険に入っていれば十分じゃないの?

公的保険と民間の保険の関係とは
公的保険には、大きく分けて医療保険、介護保険、年金保険、労働保険の4つがあります。病気やケガ、死亡、介護、失業、老齢などになった場合、最低限の保障を受けられるように全ての国民が加入しています。保障内容は収... 続きを読む

ダイエットの効果が上がらないなら水毒解消を

水毒解消
真面目にダイエットをする人ほど陥りやすいのが、水毒です。お腹をいっぱいにして満腹感を得たり、デトックスのためにたくさん水を飲むように指示するダイエットが多いですが、水の摂りすぎは冷え性になってしまったり、むくみやすく、そのせ... 続きを読む

烏骨鶏

中国や東南アジア原産の鶏の一種ですが、骨が烏(からす)のように黒い(正確には、黒に近い紫色)ことから、「烏骨鶏」という字が当てられました。 「実は骨だけでなく、皮膚も肉も内臓も黒いのです。そのような鶏は(鳥、動物も含めて)、烏骨鶏だけです... 続きを読む