ラゴリン鼻炎用の効能・用量・副作用など

ラゴリン鼻炎用の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鼻炎用内服薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 中央薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ラゴリン鼻炎用の特徴

花粉症や鼻炎などからくるつらい症状に
(1)d‐クロルフェニラミンマレイン酸塩がくしゃみ、鼻水、かゆみなどの原因物質であるヒスタミンの作用を抑えます。
(2)ベラドンナ総アルカロイドが鼻水や涙の分泌を抑えます。
(3)プソイドエフェドリン塩酸塩が鼻づまりをスッキリ解消します。

ラゴリン鼻炎用の効能効果

急性鼻炎,アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和 : くしゃみ,鼻水,鼻づまり,なみだ目,のどの痛み,頭重

ラゴリン鼻炎用の用法用量

1日3回,毎食後に次の量を服用してください。
[年齢 : 1回量]
15歳以上 : 2カプセル
7歳以上15歳未満 : 1カプセル
7歳未満 : 服用しないでください
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)定められた用法・用量を厳守してください。
(3)カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると,食道粘膜に突き刺さる等,思わぬ事故につながります)

ラゴリン鼻炎用の成分分量

1日量6カプセル中に次の成分を含んでいます。
d-マレイン酸クロルフェニラミン 6mg
プソイドエフェドリン塩酸塩 120mg
ベラドンナ総アルカロイド 0.4mg
リゾチーム塩酸塩 75mg(力価)
無水カフェイン 120mg
(添加物)
グリセリン脂肪酸エステル,サラシミツロウ,中鎖脂肪酸トリグリセリド,コハク化ゼラチン,グリセリン,酸化チタン

ラゴリン鼻炎用の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください。
(1)本剤又は本剤の成分,鶏卵によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)次の症状のある人。
前立腺肥大による排尿困難
(3)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,甲状腺機能障害,糖尿病
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください。
他の鼻炎用内服薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬,鎮咳去痰薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等),胃腸鎮痛鎮痙薬
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気や目のかすみ,異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります)
4.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)かぜ薬,鎮咳去痰薬、鼻炎用内服薬等により,不眠、めまい,脱力感,震え,動悸を起こしたことがある人。
(5)高齢者。
(6)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
高熱,排尿困難
(8)次の診断を受けた人。
緑内障,腎臓病
(9)モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン塩酸塩等)で治療を受けている人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位 : 症状]
皮膚 : 発疹・発赤,かゆみ
消化器 : 吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系 : めまい,不眠,神経過敏,頭痛,けいれん
泌尿器 : 排尿困難
その他 : 顔のほてり,異常なまぶしさ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称 : 症状]
ショック(アナフィラキシー) : 服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症 : 高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する。
再生不良性貧血 : 青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮膚や粘膜が青白くみえる,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる。
無顆粒球症 : 突然の高熱,さむけ,のどの痛み等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
口のかわき,眠気,便秘,目のかすみ
4.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ラゴリン鼻炎用の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変化します。)
(4)ケースに表示してある使用期限を過ぎたものは服用しないでください。

ラゴリン鼻炎用が気になる人向けのコラム

【鼻づまり】はペットボトルと寝相で解消!

くしゃみや鼻水もつらいけれど、花粉でツラいのは「鼻づまり」という方も多いことでしょう。鼻づまりは花粉症などで鼻の穴の表面粘膜が炎症を起こして腫れ、空気が通れなくなることで起こります。 鼻づまりになると、頭がボーッとするだけでなく、鼻で... 続きを読む

ナリンゲニンカルコン

花粉症の季節になってきました。今年の花粉の飛散率は例年の中では少ないと報道されていますが、すでに「鼻はグチュグチュしてきた」という人もいるでしょう。そこで今月紹介するのはナリンゲニンカルコン(=NGC)です。聞き慣れない成分ですが、知る人ぞ... 続きを読む

舌下免疫療法

国民の4人に1人がかかっている花粉症。その画期的な治療法として注目されているのが「舌下免疫療法」です。
これまでの花粉症の治療法といえば、症状をやわらげる対症療法が中心。薬を飲んだり、鼻の粘膜を焼いて症状を抑える方法などがあります。舌... 続きを読む

思春期以降に多い果物アレルギー 花粉症の人はなりやすい?

甘くておいしい果物ですが、食べてしばらくすると、くちびるが腫(は)れたり、口の中がかゆくなったり、のどの違和感を訴える人たちがいます。これは食べた果物に対するアレルギー反応と考えられますが、花粉症に関連した果物や野菜への過敏反応を「口腔ア... 続きを読む

乳酸菌

ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌。腸の環境を整える菌として知られていますが、最近ではほかにもたくさんの効果が あることがわかってきました。 花粉症などのアレルギーを改善するのです。
そもそも、乳酸菌とはどんなものでしょうか。 「... 続きを読む