太田胃散〈内服液〉の効能・用量・副作用など

太田胃散〈内服液〉の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 健胃薬
形状 液剤
製造販売会社 日新薬品工業
販売会社 太田胃散
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

太田胃散〈内服液〉の特徴

○「10種の生薬+カルニチン塩化物」が弱った胃を正常に近づけます
コウボク、ソウジュツ、モッコウなど10種の生薬とカルニチン塩化物を効果的に配合することで、飲みすぎや食べすぎで低下した胃腸の機能を正常な状態に近づけ、飲みすぎ・二日酔のむかつきやはきけを改善します。
○ミント風味でスッキリ飲みやすい味を実現
生活者が1本を飲みきってはじめて有効性が発揮されます。そこで太田胃散<内服液>は綿密な味覚調整により、胃腸内服液の味が苦手な方や初めて服用される方でも飲みきれるよう、スッキリ飲みやすい味(ミント風味)としました。

太田胃散〈内服液〉の効能効果

飲み過ぎ,吐き気(二日酔・悪酔のむかつき,胃のむかつき,悪心),胃もたれ,食欲不振,胃弱,消化不良,食べ過ぎ,胸やけ,嘔吐,胃部・腹部膨満感,胸つかえ

太田胃散〈内服液〉の用法用量

成人(15歳以上)1日1回,1本を食前,食後又は就寝前に服用してください。15歳未満は服用しないでください。
(用法関連注意)

太田胃散〈内服液〉の成分分量

50mL中
コウボク流エキス 0.45mL (コウボク450mg)
ソウジュツ流エキス 0.6mL (ソウジュツ600mg)
ゲンチアナ流エキス 0.2mL (ゲンチアナ200mg)
ケイヒ流エキス 0.3mL (ケイヒ300mg)
ウイキョウ流エキス 0.15mL (ウイキョウ150mg)
チョウジエキス 606mg (チョウジ200mg)
チンピエキス 60mg (チンピ300mg)
ショウキョウ流エキス 0.3mL (ショウキョウ300mg)
モッコウエキス 100mg (モッコウ200mg)
カンゾウ抽出物 35mg (カンゾウ500mg)
カルニチン塩化物 160mg
(添加物)
l-メントール,安息香酸ナトリウム,パラベン,エタノール,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,pH調節剤,香料,白糖,ハチミツ

太田胃散〈内服液〉の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
医師の治療を受けている人。
2.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

太田胃散〈内服液〉の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(5)開栓されている製品は服用しないでください。開栓後は保存しないでください。

太田胃散〈内服液〉に効果効能が似た薬

太田胃散〈内服液〉が気になる人向けのコラム

DNJ

ダイエットや生活習慣病に有効な成分として最近話題になっているコトバです。正式には「1-デオキシノジリマイシン」といいますが、あのが食べる桑の葉に豊富に含まれています。 「桑の葉はもともと中国では古くから高血圧や糖尿病の症状、太りすぎなど... 続きを読む

こってり&甘い味が好きな人は太りやすい-味覚は10代で決まる

食べものの好みと肥満との連想で、「こってり」味や「甘い」味を好きな人については、「何となく太りそうだな」というイメージがありませんか?
「いや、そんなのは偏見だ」という反論もあるかもしれませんが、実はそのイメージは正解です。
これは、... 続きを読む

筋肉痛・風邪予防・頭痛に効く-ミントのアロマオイルの上手な使い方

ラベンターとともに、北海道で精油生産の歴史をもつハーブのひとつが薄荷(ハッカ)です。開拓時代、入植した屯田兵がハッカを育てたのが北海道におけるハッカの歴史の始まりといわれています。
そのハッカの仲間がペパーミント。シソ科ハッカ属の多年... 続きを読む

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む