ゼドン錠の効能・用量・副作用など

ゼドン錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 福井製薬
販売会社 サンリ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ゼドン錠の特徴

心身ともにいつも穏やかでありたい。これはいつの時代にも変わることのない人々の願いです。規則正しい生活を心がけること,そして体力が落ちているときは,いち早く回復させることが大切です。
ゼドン錠は,滋養強壮や疲労回復に役立つコウジン(高麗紅参),ゴオウ,タウリン,新陳代謝を高めるビタミン類などを配合した滋養強壮保健剤です。

ゼドン錠の効能効果

(15才以上):滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給。
(14?8才):滋養強壮,虚弱体質,小児の発育期・偏食児・食欲不振・栄養障害・病中病後・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給

ゼドン錠の用法用量

次の服用量を1日2回服用してください。服用間隔は4時間以上おいてください。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):3錠
11才以上15才未満:2錠
8才以上11才未満:1錠
8才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ゼドン錠の成分分量

6錠中
コウジンエキス 420mg (高麗紅参2520mg)
ゴオウ 6mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 120mg
チアミン硝化物 20mg
リボフラビン 6mg
ピリドキシン塩酸塩 12mg
シアノコバラミン 2μg
葉酸 6mg
パントテン酸カルシウム 12mg
(添加物)
乳糖,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ヒドロキシプロピルセルロース,ポビドン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,白糖,硫酸カルシウム,アラビアゴム,ゼラチン,酸化チタン,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),マクロゴール,カルナウバロウ,黄色5号

ゼドン錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹
消化器:悪心,胃部不快感,下痢
(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合

ゼドン錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)本剤をぬれた手で扱わないでください。又,本剤には,生薬エキスが多く含まれていますので,湿気,温度等の影響により錠剤の表面に色むらなどが生じることがありますので,服用のつど,フタをよく締めてください。(変色したり品質が変わることがあります)
(5)使用期限(外箱に記載)をすぎた製品は服用しないでください。

ゼドン錠が気になる人向けのコラム

脳の疲れには休むより「運動」が効果的!? おすすめの運動法

進学や就職、職場の異動などで環境が変わった人も、新しい環境に慣れたころでしょうか。それでもまだ緊張続きでストレスがたまっている人、あるいは環境は変わらないけれど、人間関係や仕事上の悩みで精神的に疲れているという人も少なくないでしょう。そし... 続きを読む

その眼の疲れと痛みはVDT症候群かも? 腰痛や心の不調も

私たちの日常生活に、もはやパソコンは欠かせない存在となりました。しかし、同じ姿勢で集中し続けるパソコン作業は疲れがたまりやすく、心身にさまざまな症状を引き起こす「VDT症候群」が問題となっています。
VDTとは、Visual Disp... 続きを読む

お年寄りが元気でいられるためのチェックリスト-生活不活発病とは

「生活不活発病」は、体を動かさない状態が続くことで心身の機能が低下していくもの。特に高齢者や持病のある人に起こりやすく、一旦起こると治りにくく寝たきりの原因にもなるため、本人だけでなく、周りの人が十分気をつける必要があります。
生活不... 続きを読む

パーソナルトレーナーが教えるダイエットのコツ-運動前の食事は?

暖かくなりましたね。身も心も軽く、思い切り体を動かしてみたくなりませんか?
ダイエットや体力づくりのために、ジムに行こう、ランニングを始めようという方もいるでしょう。ふだんから運動している人も、これから始めようという人も、運動前後に何を食... 続きを読む

効率よく脂肪を燃やす有酸素運動-効果倍増のウォーキング法とは

体にとって大切なエネルギーである脂質。しかし、その過剰摂取は高血圧や動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞をまねくことになります。体内に蓄積された脂肪を減らすために有効なのが有酸素運動です。運動を始めると、体はまず糖質を燃やしますが、その後、... 続きを読む