消毒用エタノール「カネイチ」(P)の効能・用量・副作用など

消毒用エタノール「カネイチ」(P)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤
製造販売会社 兼一薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

消毒用エタノール「カネイチ」(P)の特徴

●消毒用エタノールは一般的な細菌をすばやく殺菌します。
●消毒用エタノールは速乾性で,手にべたつき等残りません。

消毒用エタノール「カネイチ」(P)の効能効果

創傷面の殺菌・消毒

消毒用エタノール「カネイチ」(P)の用法用量

本液を脱脂綿,ガーゼ等に浸して患部に軽く塗る。
(用法関連注意)
(1)用法,用量を守ること。
(2)局所刺激作用があるので,軽く塗るだけにとどめ,ガーゼ,脱脂綿等に浸して患部に貼付しないこと。
(3)広範囲又は長時間使用する場合には,蒸気の吸入に注意すること。
(4)過度に使用すると,脱脂等による皮ふ荒れを起こすことがある。
(5)小児に使用させる場合には,特に注意し,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(6)目に入らないように注意すること。万一,目に入った場合は,すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けること。
(7)外用にのみ使用し,内服しないこと。

消毒用エタノール「カネイチ」(P)の成分分量

成分
消毒用エタノール (エタノール76.9?81.4%)
(添加物)

消毒用エタノール「カネイチ」(P)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないこと。
粘膜(口唇等),目の周囲
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬によりアレルギー症状(例えば発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人
(3)患部が広範囲の人
(4)深い傷やひどいやけどの人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)本剤の使用により,皮ふに発疹・発赤,かゆみ,はれ,灼熱感等の症状があらわれた場合
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

消毒用エタノール「カネイチ」(P)の保管上の注意

(1)小児の手の届かないところに保管すること。
(2)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(3)直射日光の当たらない,なるべく涼しい所に密栓して保管すること。(4)塗装された物等に使用した場合,色が落ちる恐れがあります。
(5)使用期限が過ぎた製品は使用しないこと。
(6)火気に近づけないこと。

消毒用エタノール「カネイチ」(P)が気になる人向けのコラム

これは覚えておきたい-暑い季節の食中毒を予防するための8カ条

雨がしとしと降り続き気温も上昇、うっとうしい日本の梅雨。この時期から活発な活動を開始するのが食中毒菌です。
ちなみに食中毒とは、食中毒菌や食中毒菌の出す毒素に汚染された食品を食べることなどによって起こる中毒症状で、日本での発生が多いの... 続きを読む

つらい手荒れを治す-症状別対策法・症状にあったハンドクリーム

気温が低く空気が乾燥した日が続くと、肌も乾燥します。顔も気になりますが、“手”はどうでしょうか?
ちょっとかさかさする程度から、ひび、あかぎれ、ささくれ、しもやけ、手湿疹など、“手あれ”に悩まされている人は多いのではないでしょうか。
... 続きを読む

子宮体がんの基礎知識 50代以降は高い死亡率|主な検査方法

子宮頸がんが20歳代後半から30歳代後半に多いのに対し、子宮体がんは50歳代~60歳代に多いがんです。また近年は、年齢に関係なく子宮体がんは増加傾向にあります。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、1年間... 続きを読む

家の中のくさい臭いの消臭法-イヤな臭いは自立神経を乱す?

「ウチのニオイ」には慣れてしまうので気づきにくい 「家のニオイの原因はひとつだけではありません。タバコ、ペット、調理臭など、家に染みついたニオイが混じり合ったものです」と言うのは、臭気対策アドバイザーの岩橋尊嗣さん。 「よそのお宅に行... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など

肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗... 続きを読む