デルモーゲンの効能・用量・副作用など

デルモーゲンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 阿蘇製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

デルモーゲンの特徴

【製品の特徴】
この薬は水に可溶性ですので,取替えの際は水又は微温湯を添加すると速やかに取れ,石けんで洗った様に払拭されますから患部が痛くなく衛生的で,特に重患の場合は看護上極めて重宝します。
【本質】◆本剤は植物中のホルモン様物質を化学的に抽出精製したものです。塗布することにより有効成分が滲透して,効果を発揮します。甘味と苦味とを有する褐色濃厚のエキスで,水で希釈すると均等に混和してpH5?6.5を呈します。

デルモーゲンの効能効果

火傷,凍傷,白癬,湿疹,あせも,虫さされ,切傷,打ち身,慢性のおでき,よう,ちょう,はれもの

デルモーゲンの用法用量

適当量を患部より広目に通常1日3回塗布し,炎症の強い症状の場合には1日5,6回塗布し,紙又はガーゼを当ててください。火傷,湿疹などの分泌物の出る疾患は2,3時間毎に水又は微温湯で洗って塗替えるとより効果的です。
(用法関連注意)
(1)刺激のある患部にはその都度水又は微温湯で5倍に薄めて使用してください。また,刺激が止まれば回を増す毎に徐々に濃くして使用してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用してください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。

デルモーゲンの成分分量

成分
ツルボエキス (グルコース58.35%,アグルコン16.6%,灰分1.89%,乾燥減量23.16%)
(添加物)

デルモーゲンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
(6)深い傷やひどいやけどの人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

デルモーゲンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しいところに保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)

デルモーゲンが気になる人向けのコラム

夏こそ湯船に浸かったほうが良い理由-美肌をつくるおすすめ入浴法

蒸し暑い夏は、肌がベタベタして、家に帰ったら一刻も早く汗を流したいですね。ところであなたは、「夏はシャワーですませる」派?
それとも、「夏でもしっかり湯船に入る」派ですか?
夏はシャワー派が多いと思われるかもしれませんが、意外に湯船に入る... 続きを読む

ノロウイルスによる食中毒は冬場に増える-家族感染を予防しよう

夏を中心に起こる食中毒は細菌(サルモネラ菌、カンピロバクター、病原性大腸菌など)によるものが多いのですが、冬になると細菌が検出されないものがかなりふえてきます。その大部分はノロウイルスによるものです。流行する時期は11月から3月くらいまで... 続きを読む

シックハウス症候群

近年問題となってきた、「シックハウス」。まだ未解明な点もありますが、少しずつ予防法や対策がわかってきました。 「シックハウスは日本で作られた和製英語です。その由来は、1970年代に欧米で問題となった『シックビルディング症候群』。オイルショ... 続きを読む

「糖化」は10歳老ける? 糖分の摂りすぎが老化を進める理由

お肌の老化を促す原因として「糖化」が注目されています。糖化とは、体の中のたんぱく質や脂肪が糖と結びついて変性・劣化すること。その過程でAGEs(エージーイーズ:たんぱく糖化反応最終生成物)という褐色の老廃物を生成しますが、このAGEsが細... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む