塩化ベンザルコニウム液「昭和」Pの効能・用量・副作用など

塩化ベンザルコニウム液「昭和」Pの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤
製造販売会社 昭和製薬・大
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

塩化ベンザルコニウム液「昭和」Pの効能効果

手指,創傷面の殺菌・消毒。口腔内の殺菌・消毒

塩化ベンザルコニウム液「昭和」Pの用法用量

本品を次のように水で希釈して,塗布又は洗浄する。
手指の殺菌消毒:ベンザルコニウム塩化物として0.05?0.1%
創傷面の殺菌・消毒:ベンザルコニウム塩化物として0.01?0.025%
含嗽の場合:ベンザルコニウム塩化物として0.005?0.01%
※希釈方法 キャップに本品をいっぱいまで入れ(1杯は約5mL),次の通りうすめる。
[希釈倍率:本品(キャップではかる量):加える水の量]
0.2%:4杯:1L
0.1%:2杯:1L
0.05%:1杯:1L
0.025%:1杯:2L
0.02%:2杯:5L
0.01%:1杯:5L
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ること。
(2)原液又は濃厚液が皮ふに付着した場合は,炎症を起こすことがあるので,すぐ水で洗い流すこと。
(3)原液又は濃厚液が目に入らないよう注意すること。万一目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けること。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(5)石けん類は本剤の殺菌作用を弱めるので,石けん分を洗い流してから使用すること。
(6)外用にのみ使用し,内服しないこと。

塩化ベンザルコニウム液「昭和」Pの成分分量

日本薬局方
ベンザルコニウム塩化物 0.1
(添加物)

塩化ベンザルコニウム液「昭和」Pの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
[守らないと現在の症状が悪化したり副作用が起こりやすくなる]
1.原液のまま使用しない。
2.患部に軽く塗るだけにとどめ,ガーゼ,脱脂綿等に浸して貼付しないこと。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)今までに薬や化粧品によるアレルギー症状(例えば発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
(2)創傷面が広範囲の人あるいは深い傷やひどいやけどの人。
(3)医師の治療を受けている人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,はれ,かゆみ等
3.5?6日間使用しても症状の改善がみられない場合は,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

塩化ベンザルコニウム液「昭和」Pの保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管すること。
(2)直射日光をさけ,なるべく涼しい所に密栓して保管すること。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために他の容器に入れかえないこと。

塩化ベンザルコニウム液「昭和」Pが気になる人向けのコラム

突然足の指がつる原因や予防法公開

足の指がつるのは、糖尿病が原因かも
糖尿病は、体内のインスリン分泌の異常により血糖値が上昇し、さまざまな症状をひきおこす怖い生活習慣病です。糖尿病の原因として、食べ過ぎや肥満、運動不足やストレスなどが挙げられます。頻繁に足の指がつるのは... 続きを読む

簡単ハンドケアでシワのない細い指にしよう!

指の細さは変えられる!
指の細さは生まれつきだと思っていませんか?それは大きな間違いです。実は日頃のハンドケアによって細くすることができます。もちろん、指の骨自体を細くすることはできませんが、指についているわずかな脂肪を落とせば細い指に... 続きを読む

【医師が回答!】皮がめくれるほどの手荒れ。どうすればいい?

私は二年前から手荒れに悩んでいます。皮膚科では、「スポンジに洗剤を付けて水を足して洗うと荒れちゃうからね」と言われました。飲食店で手が荒れていると不衛生ですよね・・・。パックりと皮がめくれています。 (質問者
aiai_5858さん) ... 続きを読む

血行を改善する手もみダイエット

手もみ
手もみダイエットは、手をもむだけの簡単ダイエットです。
手をもむと手が温まりますよね。
血行が促進されている証拠なのですが、この手の血流が良くなると、全身の血流も良くなります。
手だけでなく、頭や足まで行き渡り、体を温め代... 続きを読む

大豆ペプチドで痩せ体質を手に入れる

大豆ペプチド
大豆や牛乳に豊富に含まれている「大豆ペプチド」は、体の基礎代謝を促進する効果のある栄養素です。
基礎代謝を挙げることができれば毎日の消費カロリーがアップし、じっとしていても効率的にカロリーを消費できる痩せ体質になること... 続きを読む