大黄甘草湯エキス細粒G「コタロー」の効能・用量・副作用など

大黄甘草湯エキス細粒G「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 大黄甘草湯
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 大黄甘草湯   

大黄甘草湯エキス細粒G「コタロー」の特徴

大黄甘草湯は便秘で悩んでおられる方に用いる代表的な漢方処方です。食生活の欧米化により,食物繊維が不足し,競争社会によるストレスや日常の運動不足も手伝って,便秘をする人が増えています。便秘は単におなかにトラブルを起こすだけではなく,生活習慣病の原因としても注目されています。
大黄甘草湯エキス細粒G「コタロー」は,大黄と甘草の2つの生薬から成り,主薬の大黄の働きを甘草が調節して,お通じをもたらしてくれます。排便をいつまでも便秘薬にたよるのではなく,毎日の生活習慣(食事,運動など)を見直すことも大切です。

大黄甘草湯エキス細粒G「コタロー」の効能効果

便秘

大黄甘草湯エキス細粒G「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または1.5g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.0g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または0.75g:3回
4歳未満:服用しないでください
(大入り剤に添付のサジは,すり切り一杯で0.6gです)
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

大黄甘草湯エキス細粒G「コタロー」の成分分量

3包(4.5g)中
大黄甘草湯エキス(4/5量) 1.2g (ダイオウ3.2g,カンゾウ1.6g)
(添加物)
含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,粉末飴

大黄甘草湯エキス細粒G「コタロー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)高齢者。
(6)次の症状のある人。
むくみ
(7)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
下痢
4.5?6日間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
5.長期連用する場合には,医師または薬剤師に相談してください

大黄甘草湯エキス細粒G「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(大入り剤のみ)

大黄甘草湯エキス細粒G「コタロー」が気になる人向けのコラム

生活習慣病、痛風・高尿酸血症‐健康的な生活とは?

ある日突然、足の親指のつけ根の関節がギリギリと激しく痛み出し、赤く腫(は)れて歩けなくなるほどの痛みです。この症状が「風に吹かれても痛い」と形容される痛風です。かつては、美食を楽しめる富裕層に多いことから“ぜいたく病”などと言われたことも... 続きを読む

外反母趾を改善するには? 自分に合う靴や中敷とは?

体の全体重を支え、走ったり跳んだりするときには体重の何倍もの力がかかる足。しかも一日のうちの多くの時間を、靴という狭い空間に押し込んでいるのですから、それだけにいろいろなトラブルにも見舞われかねません。これらのトラブルは、足のみならず全身... 続きを読む

汗腺を鍛えてサラサラの良い汗を-ベタベタ汗は生活習慣が原因

日差しが一段と強さを増し夏本番を迎えると、気になるのが汗、そしてにおいです。満員電車や人込みで汗臭さを感じると、「もしかしたら、私もにおってる?」と気になるものです。
汗には、「よい汗」と「悪い汗」があります。「よい汗」はサラサラして... 続きを読む

グルテンフリーダイエットは痩せるためのもの?

脱タンパク
今、欧米ではグルテンフリーダイエットが流行っています。
このグルテンフリーダイエット、そもそもはアレルギーの患者さんへの対処法でした。
グルテンは小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦等に含まれ、欧米では主食ともなる食品です。この... 続きを読む

便秘しない腸内環境をつくる方法-気をつけたい9つのこと

日本人の“腸内環境”が悪くなっているようです。それは、おなかの張りや痛み、便秘などの症状でクリニックを訪れる人が増えていることに如実にあらわれています。
腸内環境の悪化がもたらす症状はおなかの張りや痛み、便秘にとどまりません。便やガス... 続きを読む