ミッテンスルー「オクダ」の効能・用量・副作用など

ミッテンスルー「オクダ」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 浣腸薬
形状 挿入剤
製造販売会社 雪の元本店
販売会社 奥田製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ミッテンスルー「オクダ」の特徴

ミッテンスルー「オクダ」の有効成分ビサコジルは,直腸内でおだやかに作用し,大腸のぜん動運動を促し,排便を促進します。
また,直腸でとけて,直接大腸に作用するので,15分?1時間で効果があらわれます。内服薬のように胃を通過しないので,胃の弱い方にも安心して使用していただけます。

ミッテンスルー「オクダ」の効能効果

便秘

ミッテンスルー「オクダ」の用法用量

次の量を,直腸内(肛門)に挿入してください。
[年令:1回量:1日使用個数]
12歳以上:1個(効果のみられない場合は,さらにもう1個を挿入してください。):2個まで
12歳未満:使用しないこと
(用法関連注意)
(1)使用後は,便意が強まるまで,しばらくがまんすること。(通常,肛門に挿入してから15分?1時間で効果があらわれます。使用後すぐに排便を試みると薬剤のみ排出され,効果がみられないことがあります。)
(2)12歳以上15歳未満の小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(3)本剤が軟らかすぎる場合には,しばらく冷やした後に使用すること。また硬すぎる場合には,直腸粘膜を傷つけるおそれがあるので,しばらく室温に放置し軟らかくなった後に使用すること。
(4)肛門にのみ使用すること。
(5)定められた用法・用量を厳守すること。

ミッテンスルー「オクダ」の成分分量

1個中
ビサコジル 10mg
(添加物)
ハードファット

ミッテンスルー「オクダ」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
連用しないこと
(常用すると,効果が減弱し《いわゆる“なれ””が生じ》薬剤にたよりがちになる。)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(流早産の危険性があるので使用しないことが望ましい。)
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
はげしい腹痛,悪心・嘔吐
2.次の場合は,使用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談すること
2?3回使用しても排便がない場合。
その他の注意
■その他の注意
次の症状があらわれることがある。
肛門部の刺激感,腹部不快感,腹痛

ミッテンスルー「オクダ」の保管上の注意

(1)30℃以下で,直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に保管してください。特に夏期は冷蔵庫に保管してください。
(2)坐剤の先を下向きにして保管してください。(軟化したときの坐剤の変形を防ぐため。)
(3)小児の手の届かない所に保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるのを防ぐため。)
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ミッテンスルー「オクダ」に効果効能が似た薬

ミッテンスルー「オクダ」が気になる人向けのコラム

食後に横になるのは体にいいって本当? 横になっても太らない方法

子どもの頃、食事のすぐ後にゴロリと横になると、お母さんなどから「牛になっちゃうよ」と言われたことはありませんか?
そう言われたのにいまだ人間をやっている(?)のですから、「行儀の悪さを直すしつけだったんだなぁ」と今ではほほえましく思い出さ... 続きを読む

サウナですっきり発汗ダイエット!

サウナ
公共の公衆浴場、いわゆる銭湯やサウナ施設でサウナを楽しむ人が多いですが、サウナには意外なほどダイエットに効果があるという事を知る人は少ないです。

サウナは発汗作用を促して人間の身体の血流を促進する作用があり、汗をかく事で身... 続きを読む

自転車があればできるサイクリングダイエット

サイクリング
どんな運動より簡単で効果的なダイエットは、サイクリングによるダイエットです。
高いお金を払ってジムに通わずとも、自宅に自転車1台あれば、気軽に始めることができます。
自宅のママチャリと呼ばれる自転車でも、スポーツサイク... 続きを読む

基礎代謝アップ!高温反復入浴法

温泉
温泉に入浴するだけでダイエットすることの出来る方法をご紹介します。高温反復入浴法とは、42度前後の熱いお湯に何度も入る入浴法になります。具体的な方法としては第一に水分補給です。入浴の15分前に行うようにするとベター。それから最低限... 続きを読む

体の中からキレイに痩せる!白湯ダイエット


朝起きたら、まず白湯をつくります。作り方は、水をやかんに入れ、強火にかけて沸騰させ、その後10~15分ぶくぶくと沸かし続けるというだけです。そうしてできた白湯は、ポットに入れるなどして冷まさないようにしましょう。
方法としては、ま... 続きを読む