茵ちん五苓散エキス細粒G「コタロー」の効能・用量・副作用など

茵ちん五苓散エキス細粒G「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 茵ちん五苓散
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

茵ちん五苓散エキス細粒G「コタロー」の特徴

口が渇き,尿量が減り,吐いたり,むくんだりする時によく用いられる漢方薬です。五苓散(ごれいさん)に茵ちん蒿(いんちんこう)(カワラヨモギの花穂)を加えた処方であることから,五苓散(口渇と尿量減少)の病態に肝胆の炎症(熱)を伴ったものによいといわれています。
茵ちん五苓散エキス細粒G「コタロー」は,お酒の飲み過ぎによる二日酔,むくみのほか,皮膚にあらわれるジンマ疹などにも用いられます。

茵ちん五苓散エキス細粒G「コタロー」の効能効果

体力中等度以上をめやすとして,のどが渇いて,尿量が少ないものの次の諸症:じんましん,二日酔,むくみ,嘔吐

茵ちん五苓散エキス細粒G「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または1.5g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.0g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または0.75g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または0.5g:3回
2歳未満:1/4包または0.37g:3回
(大入り剤に添付のサジは,大が1.0g,小が0.1gの計量用となっております)
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

茵ちん五苓散エキス細粒G「コタロー」の成分分量

3包(4.5g)中
水製エキス 3.4g (タクシャ4.8g,ビャクジュツ・ブクリョウ・チョレイ各3.6g,ケイヒ2.4g,インチンコウ3.2g)
(添加物)
含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン

茵ちん五苓散エキス細粒G「コタロー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位(嘔吐,二日酔に服用する場合には5?6回)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

茵ちん五苓散エキス細粒G「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(大入り剤のみ)

茵ちん五苓散エキス細粒G「コタロー」が気になる人向けのコラム

二日酔いを防ぐお酒の飲み方-シーフードを一緒に食べるといい?

忘年会やクリスマス、お正月や新年会と、年末年始はお酒を飲む機会が多くなる季節です。一年の感謝や新年の希望を願いながら親しい人と飲むお酒は心も和み、リラックス効果も期待できます。ただ、お酒の飲みすぎは肝臓に負担をかけ、翌日は二日酔いで苦しむ... 続きを読む

誰でも簡単!リンパマッサージでむくみ解消

「リンパ」っていったい何?
「リンパマッサージ」という言葉はよく聞きますが、そもそも「リンパ」とはいったい何なのでしょうか?


ヒトの体の中には血管のほかにもリンパ管が全身に広がっています。全身の組織中の細胞と細胞との間の組織... 続きを読む

お酒を飲んだ後ラーメンが食べたくなるのはなぜ?お酒の基礎知識

アルコールを摂取したあと、一時的に低血糖の状態に陥ることがあります。原因としては、次の2つが考えられます。
1つめは、料理を食べずにお酒ばかり飲んでいると、糖をつくり出す機能がアルコールによって妨げられ、「空腹時低血糖」がおこるため。... 続きを読む

むくみを改善する塩抜きダイエット

塩抜き
塩抜きダイエットをご存知でしょうか。
塩抜きダイエットとは、食事から塩を抜くことで体内の浄化を促すダイエット法です。
普段から食べ過ぎで塩分を取り過ぎていると、体内はむくみを溜め込みやすい状態になっています。
この状態では... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む