アルガード鼻炎内服薬Zの効能・用量・副作用など

アルガード鼻炎内服薬Zの基本情報

アルガード鼻炎内服薬Z

アルガード鼻炎内服薬Z

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鼻炎用内服薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

アルガード鼻炎内服薬Zの特徴

『アルガード鼻炎内服薬Z』は,花粉・ハウスダストなどによるくしゃみ・鼻みず・鼻づまりといったアレルギー性鼻炎症状にすぐれた効果を発揮します。抗アレルギー作用と抗ヒスタミン作用を兼ね備え,かつ眠くなりにくい成分「メキタジン」を配合した,効き目を求める方におすすめの鼻炎用内服薬です。

アルガード鼻炎内服薬Zの効能効果

急性鼻炎,アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:くしゃみ,鼻水(鼻汁過多),鼻づまり,なみだ目,のどの痛み,頭重(頭が重い)

アルガード鼻炎内服薬Zの用法用量

次の量を食後に,水又はお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1カプセル:3回
15才未満及び65才以上:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)カプセルの取り出し方/カプセルのはいっているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

アルガード鼻炎内服薬Zの成分分量

3カプセル中
メキタジン 4mg
塩酸プソイドエフェドリン 75mg
ベラドンナ総アルカロイド 0.4mg
グリチルリチン酸二カリウム 60mg
無水カフェイン 150mg
(添加物)
ポリソルベート80,グリセリン脂肪酸エステル,サラシミツロウ,中鎖脂肪酸トリグリセリド,ゼラチン,濃グリセリン,酸化チタン

アルガード鼻炎内服薬Zの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないでください。
(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)次の症状のある人
排尿困難(前立腺肥大によるものを含む)
(3)次の診断を受けた人
緑内障,前立腺肥大,心臓病,腎臓病,高血圧,甲状腺機能障害,糖尿病
(4)妊婦又は妊娠していると思われる人
(5)高齢者(65才以上)
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他の鼻炎用内服薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(かぜ薬,鎮咳去痰薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬,催眠鎮静薬),塩酸フェニルプロパノールアミンを含有する内服薬(かぜ薬,鎮咳去痰薬)
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気や目のかすみ,異常なまぶしさ等の症状があらわれることがある)
4.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳をさけてください。
5.服用時は飲酒しないでください。
6.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
高熱,むくみ
(5)モノアミン酸化酵素阻害剤(塩酸セレギリン等)で治療を受けている人。
2.次の場合は直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振,腹痛
精神神経系:頭痛,倦怠感,ふらふら感,めまい,不眠,神経過敏
その他:排尿困難,顔のほてり,異常なまぶしさ
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさ等とともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等があらわれる。
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
血小板減少:血液中の成分である血小板の数が減ることにより,鼻血,歯ぐきからの出血,青あざ等の出血症状があらわれる。
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
(2)5?6日間服用しても症状がよくならない場合。
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師にご相談ください。
口のかわき,便秘,下痢

アルガード鼻炎内服薬Zの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限の過ぎたものは,服用しないでください。
なお,使用期限内であっても一度内袋を開封した後はなるべく早くご使用ください。

アルガード鼻炎内服薬Zが気になる人向けのコラム

うつ病自己診断チェック表‐うつかもと不安を感じたらまずは症状を確認

仕事の過度なストレスでうつ病になったなど、最近よく耳にします。実際、患者数は2000年以降、急増。「私、うつ病かも?」と思ったら、早期に治療するためにも、まずセルフチェックで判断してみましょう。 気分の落ち込みが激しい状態が続く 近年... 続きを読む

チャーリー・シーンがHIV感染告白!「感染」と「発症」の違いとは?【芸能人の健康まとめ】

米俳優のチャーリー・シーン(50歳)さんがHIVに感染していることを告白しました。報道によると、4年ほど前に感染が確認されましたが、まだ発症はしていないとのことです。 HIVにまつわる「感染」と「発症」とはどんな違い(関係)があるのでし... 続きを読む

梅毒の感染者が増加中の梅毒はどんな病気

梅毒はどんな症状が出るの

梅毒は梅毒トレポネーマという細菌による慢性の全身性感染症で、症状のある顕性(けんせい)梅毒と症状のない潜伏(せんぷく)梅毒に分けられます。
梅毒 - goo ヘルスケア

症状が表面化してくる顕性梅毒... 続きを読む

衝撃 アザで発覚する白血病の恐怖

そもそも白血病とは

血液のがんの一つ。かつては不治の病と言われたが、治療法の進歩によりタイプによっては完治が期待できるようになった。血液中の赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる細胞を造血幹細胞と言う。造血幹細胞は一定の決... 続きを読む

ジョコビッチも実践-ひとさじのはちみつで頭も体もフルパワー

1月に行われた全豪オープンテニスで6度目の優勝を飾り、あらためて強さを見せつけたノバク・ジョコビッチ選手。その強さの秘訣は徹底したグルテンフリーの食事による肉体改造と言われていますが、もう一つ注目されているのが「はちみつ」です。ジョコビ... 続きを読む