中薬 鼻淵膏の効能・用量・副作用など

中薬 鼻淵膏の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 液剤
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

中薬 鼻淵膏の特徴

中薬鼻淵膏は、蒼耳子と辛夷を主薬とした製剤で、鼻汁の排出を促進し、鼻粘膜の炎症をやわらげ、鼻の通りをよくする作用があります。
中薬鼻淵膏は、シロップ剤でのみやすく、食間や就寝前の服用が効果的です。

中薬 鼻淵膏の効能効果

感冒時の鼻づまり、鼻炎、蓄膿症

中薬 鼻淵膏の用法用量

次の量を1日3回、温湯で希釈して服用して下さい。
[年齢:1回量]
大人(15才以上):5mL
15才未満7才以上:3.3mL
7才未満4才以上:2.5mL
4才未満2才以上:1.7mL
2才未満:服用しないで下さい
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
(3)服用の際は、添付の計量カップをご使用下さい。
(4)計量カップは、ご使用のつど、水洗いして清潔に保管して下さい。

中薬 鼻淵膏の成分分量

15mL中
ネオチクジロン水製エキス 14.67g (ソウジシ30g,シンイ5.63g,キクカ・キンギンカ・アカネコン各1.88g)
(添加物)
プロピレングリコール、安息香酸ナトリウム、パラベン、ハチミツ、単シロップ、l-メントール、クエン酸、エタノール

中薬 鼻淵膏の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)本人又は家族がアレルギー体質の人
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)次の症状のある人 高熱
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、悪心・嘔吐
(2)1ヵ月位(感冒時の鼻づまりに服用する場合は,5?6日間)服用しても症状がよくならない場合

中薬 鼻淵膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して立てて保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり、品質が変わるため。)
(4)本剤は生薬成分を含むため、色や味に多少の違いが生じることがありますが、品質上問題はありません。
(5)まれに沈澱を生ずる場合がありますが、薬効に変わりありません。服用の際は、よく振ってから服用して下さい。
(6)服用のつど、ビンの口をよく拭いてからキャップをしめて下さい。ビンの口に薬液が付着したままキャップをしめると、まれに開けにくくなることがあります。また、しめ方が悪いと薬液が流れ出たり、汚染することがあります。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

中薬 鼻淵膏に効果効能が似た薬

中薬 鼻淵膏が気になる人向けのコラム

【鼻づまり】はペットボトルと寝相で解消!

くしゃみや鼻水もつらいけれど、花粉でツラいのは「鼻づまり」という方も多いことでしょう。鼻づまりは花粉症などで鼻の穴の表面粘膜が炎症を起こして腫れ、空気が通れなくなることで起こります。 鼻づまりになると、頭がボーッとするだけでなく、鼻で... 続きを読む

【医師が回答!】鼻筋を通すにはどうしたらいいの? 整形せずに鼻を高くしたい

私は鼻筋が通っていなくて、団子っ鼻なのがすごくコンプレックスです。整形とかはしたくないので、せめて、その鼻が目立たないような表情とかがあれば教えてください! (質問者
ペンギンさん) 教えて!goo 団子っ鼻がコンプレックスというペ... 続きを読む

イチゴ鼻改善、毛穴トラブルの原因と対策

毛穴の役割とは
「最近、肌の調子が悪い。」と感じて鏡を覗き込むとギョッとするような毛穴を発見したことはありませんか?その毛穴、あなたを健康に美しい肌へと導こうとがんばっているのです。だから、嫌いになるのではなく、いたわってあげましょう。... 続きを読む

耳そうじはどれぐらいの間隔でするべき? 正しい耳そうじの仕方

皆さんは耳そうじを定期的にしていますか?
定期的にといっても週に何回もやる必要はないのですが、かといって1年に1回とか2~3回などというのも、ちょっと問題かもしれません。そんなに放っておいて、耳の中がかゆくなったりすることはないのでしょう... 続きを読む

子どもが急性中耳炎になりやすい理由とは-症状や治療法について

3月3日は「耳の日」でした。耳の健康への関心を高めるために、半世紀以上も前に制定されたものです。ところで、耳の健康を損なう病気で、いちばんポピュラーなのは「中耳炎」でしょう。中でもその割合が高い急性中耳炎は、乳幼児から小学校低学年くらいの... 続きを読む