リバンウェットバンの効能・用量・副作用など

リバンウェットバンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 玉川衛材
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

リバンウェットバンの特徴

●ウェット状態の消毒薬アクリノール液含有パッド付き絆創膏です。
●「消毒薬」と「絆創膏」が一体化しているので,キズの手当てが簡単に出来ます。
●一枚ずつ個別包装されているので,持ち運びに便利です。

リバンウェットバンの効能効果

切傷,すり傷,さし傷,かき傷,靴ずれ,創傷面の消毒・保護(被覆)

リバンウェットバンの用法用量

アルミ袋を開封し,粘着シートのセパレーター(剥離紙)をはがし,パッドを傷口にあて貼り付けてください。
(用法関連注意)
(1)セパレーター(剥離紙)をはがして使用してください。
(2)患部を清潔にし,パッド部分を汚さないように注意して使用してください。
(3)粘着面を患部に貼らないでください。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用してください。
(5)粘着シートはシワにならないように注意してお貼りください。シワが入ると,防水性が損なわれたり,薬液がもれる恐れがあります。
(6)薬液の色は薬効成分アクリノールの黄色です。ご使用後,貼ったところが黄色くなりますが,自然に消滅します。ただし,薬液が衣服に付きますと落としにくいのでご注意ください。
(7)パッド中の薬液が目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合にはすぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
(8)汗や水分があると,皮膚との粘着性が弱くなりはがれやすくなりますのでご注意ください。
(9)1日1回貼りかえてください。
(10)使用期限が過ぎたもの,および使用前に開封された形跡のあるものは使用しないでください。
(11)外用にのみ使用してください。

リバンウェットバンの成分分量

パッド100g中
アクリノール水和物 625mg
(添加物)
濃グリセリン

リバンウェットバンの使用上の注意と副作用

【禁忌・禁止】一度使用したものは再使用しないでください。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)深い傷やひどいやけどの人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書(又は箱)を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

リバンウェットバンの保管上の注意

●直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
●小児の手の届かない所に保管してください。
●アルミ袋から出した状態で保管しないでください。
●アルミの個包装内に水滴が付着することがありますが,効能・効果には変わりはありませんので,安心してお使いください。
(通気性の良い粘着シートを使用しているため薬液中の水分が水蒸気となって個包装内に付着することがあります。)

リバンウェットバンが気になる人向けのコラム

すりごまふりかけダイエットとは

すりごまふりかけ
すりごまふりかけダイエットとは、ごはんの上に、すったごまをふりかけて食べるダイエットです。スプーン1杯のすりごまをごはんにかけるだけなので楽ちんなダイエットです。楽なだけではなく、ごまは抗酸化成分が豊富で健康食品として... 続きを読む

脂肪吸引なら部分ダイエットが可能

脂肪吸引
脂肪吸引は美容外科で行っている脂肪細胞を除去する医療行為です。
代表的な脂肪吸引の方法として、ウェットメソッドと呼ばれるものがあります。これは、脂肪細胞に薬剤を注入し、脂肪細胞をふやかして柔らかくした上で、カニューレと呼ばれ... 続きを読む

高齢者の暮らしを支える「地域包括ケア」とは-重要な5つの要素

現在わが国は高齢化率約25%、4人に1人が高齢者です。総人口がゆるやかに減少するなか、高齢者人口は増え続け、ますます高齢化が進んで約40年後の2055年には高齢化率約40%、2.5人に1人が高齢者になると推計されています(「平成25年版高... 続きを読む

ヨウ素

大震災での原発事故以来、ニュースで目にするようになったのが、「ヨウ素」です。 「ヨウ素には、健全なヨウ素と、人を害する放射線を出す能力を持った放射性ヨウ素の2つがあるんです。人を害する恐れのある、放射性ヨウ素は、原子炉で核分裂を起こすとき... 続きを読む

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む